再)ポッコリおなかを簡単に凹ます方法の件、です.....✽

    2020/ 11/ 24
                     
    画像 193 (2)


    下腹がぽっこり出ているけど腹筋をする時間や気力が無い。そんな時にお勧めなのがこの呼吸術です。


    ポンント1:息を吐く時、おなかをへこませる


    みぞおち(胸の中央にある窪んだ部分)を背中側をめがけてへこませます。おへそを中心に背中側にまっすぐへこませていませんか?目指すのはそこではありません。おへその裏側よりずっと上のほうです。


    ポイント2:へこませる時は思い切り


    内臓を引き上げるイメージで© Nanapi 提供 内臓を引き上げるイメージで
    かなり思い切ってへこませます。えづくような感じです。この時、おへその上の部分は固くなり下腹はかなりへこんでいます。これが、あなたのおなかの本来の姿です!

    肋骨の下側が体の内部に入り込むような感覚がつかめるとさらに効果的です。今、肋骨が見えやすくなっているはずです。右手を浅いお椀の形にして、右側の肋骨の下部に沿わせてみましょう。中指がみぞおちに当たるように。左も同様です。息を吐いた時、小指や薬指が、体の内側に入るようになると良いでしょう。


    ポイント3:息を吸う時も、おなかへこませたまま


    腹式呼吸のことは忘れてください。せっかくへこんだおなかですが、吸った時にふくらみがちです。最初は難しいと思いますがなるべくキープしましょう。肩が上がらないように。肩を前方に出し、かつ脱力してください。また背中が丸くならないよう注意してください。ポイント3が難しいようでしたら、ポイント1と2だけでも効果があります。



    「腹筋を鍛え、コルセットのように外から内臓を支える」とは異なった考え方です。インナーマッスル・横隔膜を鍛え、それで内臓を引き上げるイメージを持つと体得しやすいでしょう。最初は立ったままで試し、次に歩く時に意識してみましょう。10分も歩けば腹筋を使った!という感覚が得られると思います。1か月続けても効果が無い時はポイントを見直してください。エレベータの待ち時間などスキマ時間に少し意識するだけで、一日中ダイエットタイムになります。他人にも気づかれません。気軽にお試しください。



    僕自身は 承知済みですので.........✽.。.:*・
                     
            

    ヘルス、ダイエットの基礎、水のこと、、、雑記~。

    2020/ 10/ 04
                     
     画像 247

    生体にはたっぷりのが含まれています。成人でおよそ60%が分です。体内のは、血液として酸素を体中に送ったり、リンパ液として老廃物の代謝に関わったり、その他非常に重要な働きをしています*
     私たちは普段の生活で1日に2リットル以上の分を汗や尿で失っているので、飲み物や食事から補給しています*
    体内の不足を避けるためには、意識してたっぷりのを飲むことが必要です。体から出る水分が2リットルであれば、入ってくる水分も2リットルが必要と言えます。体内の水分が減ると血液の濃度が濃くなり、ドロドロな血液になってしまうので、健康を考えて毎日2リットルを目安に飲むことがおすすめです*


    水分は、体液濃度のバランスを維持したり、血液やその他の体液を循環させるために欠かせず、栄養や酸素を細胞に運んだり、老廃物を運び去ったりするのも水の大切な役割です。また 発汗によって体温を調節したり、血液の濃度を一定にすることで血圧を調節するのも、水分の役目です*

    ●ミネラルウォーター
     ミネラルウォーターは、私たちが簡単に、安く手に入れられる水ですが、ミネラルウォーターに含まれる成分で人体に重要なものはいろいろあります。特に重要なものは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど*

    ●弱アルカリ性の水
     弱アルカリ性の水が体によいことも知られています。人間の体内はもともとph約7.4の弱アルカリ性に保たれています。体液や血液、唾液などが弱アルカリ性に保たれていると、新陳代謝も活発になり、内臓に負担がかからなくなるので、アルカリ性の水は体にとって良い水だといえます*

    ●温泉水
     日本は火山列島と呼ばれるほど火山が多く、温泉も多い国です。温泉の効用は古くから知られており、「湯治(とうじ)」と呼ばれる療養、健康維持に温泉を積極的に用いてきました。日本における温泉療法は主としてお湯につかる療養でしたが、欧米では主として温泉水を飲用して利用してきました。現在私たちは、飲用の認可を受けた温泉水を手軽に飲用することができますし、現地に行かなくても、ミネラルウォーターとして販売されているものを利用することもできます 。インターネットでの検索サイトで「飲む温泉水」といったキーワードで検索すると、非常にたくさん検索されます。長い歴史のある日本の温泉利用から生まれた温泉水は、四季に恵まれた 日本でこその ミネラルウォーターだといえますネ*


     良い水をたくさん飲むことで健康増進できるとしても、おいしくなければなかなか続けることはできません。
     続けるためには飲みやすい軟水がおすすめです。おいしくてよい水を選んでこそ、健康的な生活習慣を築くことができるといえますネ*

                     
            

    めざせ!美ボディ* 樫木式 ポケトレ「生活シーン編」の紹介です* これは、確かに利にかなっていると思いますョ*

    2016/ 11/ 16
                     

                     
            

    ダイエットの基本! について、、、雑記*

    2016/ 09/ 02
                     
    画像 338

    痩せるために行うことは、当たり前のようですが 軽い運動です。

    激しい運動は必要ありません。「有酸素運動」を継続して行うと良いのです。

    有酸素運動とは呼吸で酸素を取り込みながら運動することです。脂肪燃焼には酸素が必要だからです。

    具体的にはウォーキングがおすすめです。


    脂肪が燃焼するのは運動を始めてから20分後からといわれていますから、20分以上歩くのが望ましいです。初めは主に糖質が消化され、糖質が無くなるに従い脂肪が燃焼するからです。

    「散歩しよう」くらいの気持ちで行えば長続きすると思います。


    また、食事制限は、確かに摂取カロリーは減るので継続出来れば痩せます。

    ですが太りやすい体質となるので非効率的であり、その結果逆にリバウンドし余計に太る原因となることがあるので注意が必要。


    食事の量や回数を減らすと、食料危機であると身体は思い込み、なるべくエネルギーを消費しない体質となります。(基礎代謝量が減る)
    きちんと食事をとっていると、次の栄養がすぐに入ってくると安心して身体はエネルギーを消費しやすい体質となります。(基礎代謝量が増える)
    なので、きちんと食事をとった方がダイエットには効果的です。


    車にたとえると、

    基礎代謝量が多い人は、排気量の多い車と同じです。

    沢山のガソリンが必要ですが、沢山のガソリンを燃焼します。パワーも出ます。多少オーバーに給油してもすぐに燃焼できます。

    基礎代謝量の少ない人は、排気量の少ない車と同じです。少しのガソリンですみますが、少しのガソリンしか燃焼しません。

    パワーもでません。排気量の多い車並みにガソリンを給油したら重くてたまりません。

    少しのガソリンですみますから、ちょっと多く給油しただけで燃料オーバーしてしまいます。

    この給油オーバー分が肥満となる原因なのです。


    話が元に戻りますが、有酸素運動を継続して行っても基礎代謝量が増えます。

    エネルギーを常に消費するのがあたりまえであると体が認識するからです。基礎代謝量が増えますので、

    ちょっとサボってもリバウンドはしにくいです。


    あたりまえですが、適度な運動と食事!ですネ*

    僕は個人的にマウンテンバイクが好きで 、サイクリングはそれ以上の効果も期待できますが、

    いつも〜という訳には行きませんので、なるたけ公共機関とウォーキング、

    実践していますヾ(*´∀`*)ノ☆.。.:*・