デトックス、美肌、富、幸福*をテーマにメッセージしていきます。
    IMG_1954.jpg
    20130310_101247000_iOS.jpg


    サンマ


    日本人の「秋の味覚」ナンバーワン!!
    たっぷりと脂が乗った新鮮な秋サンマ。

    1.頭から背中にかけて盛り上がり、厚みのあるサンマの方がより脂が乗っています。
    2.魚は内臓から悪くなるので、お腹が硬いサンマの方が新鮮です。
    3.黒目の周りが濁ってなく、透明で澄んでいる事。
    4.尻尾を持った時、刀の様に一直線に立つサンマは新鮮です。
    5.口と尾が黄色いものは脂が乗って美味しいと言われているが、最近ではそうではないという説もあります


    マツタケ



    ・香りは中国産よりもカナダ産のマツタケの方が強い傾向にあるようです。

    ・カサは開ききったものよりも、開きぎみがいい。
    ・表面が乾燥しておらず少ししっとりしている物は新鮮なので香りもよい。
    ・カサの裏側は、ひだが整っていて白い物。


    なす(秋ナス)



    実がふっくらとしており、首までしっかりと太っているものを選びます。
    ヘタが鮮度を見分けるポイントです。色は黒く、筋が見え、トゲが痛いくらいのものが新鮮です。
    皮の色は濃く、ツヤがあって光っているものを選びます。
    なすは水分がたっぷりと含まれている野菜です。触るとハリと弾力があり、ずっしりと重量感のあるものを選びます。



    りんご




    一年中売っているリンゴ、実は秋が旬のフルーツです。
    蜜がつまって甘いのがいいよね~♪


    果皮が赤く染まり、軸が太くて果皮に張りとツヤがあるもの。大きさは中くらいがよく、重みのあるものが良いです^^


    里芋



    芋のなかでもカロリーが低いサトイモは秋が旬☆



    シマ模様がくっきりと出ているもの。泥付で表面が湿っているもの。



    カツオ(戻り鰹)




    秋に水温の低下にともなてt南下してきたところを漁獲したものを「戻り鰹」 と呼びます^^
    エサをたっぷり食べて戻ってきたカツオはしっかりと脂がのって 「トロ鰹」とも呼ばれるそうです。


    切り身で買う場合は、血合いの部分がはっきりしているもの。
    丸ごと一匹なら、エラが赤く、表面の縞模様がくっきりしているのが新鮮で美味しい。



    イワシ




    年中出回っているイワシも、実は秋が旬の季節なんです♪


    うろこがたくさんついていて、青く光り、身にはりがあり、目がすんではっきりしたものが新鮮。
    身に比べて頭が小さく見え、体が反り返って腹ぶとりしたものもおすすめです。



    いちじく(無花果)



    いちじく(無花果)の旬は7月~10月頃。
    そのままでも、ソースなどに加工しても美味しいですよね♪


    頭の部分が少し裂けていて、皮が紫色のもの。切り口が乾燥していないもの。
    実の赤紫色が全体的に均一で、しなびていないもの。



    秋鮭



    産卵のため秋に川に戻ってくる白サケは「秋味(アキアジ)」とも呼ばれていて、その名のとおり秋が旬の味覚♪
    10月くらいのものは、卵を持ちながらも身に脂が乗っていて丁度いいらしいです。


    切り身なら色で見分けましょう。白鮭の身は白っぽいピンク色、銀鮭の身は薄い紅色、紅鮭の身は濃い紅色、キングサーモンは紅鮭よりも薄い紅色がおすすめ。
    また、肉がしまって弾力があり、皮と身が離れていないものを選びましょう♪♪


    新そば



    新そばが出回るのは9月中旬から11月にかけて!香りが高くおいしい新そば。

    そば粉選びは
    1 粉の香りを嗅ぎ、なめてみる。(新鮮な粉は甘い香り)
    2 粉を軽く握ってみる。(握った指の跡がつくほどに固まり、その固まりがしっとりしている粉は粒子が細かく打ちやすい)
    3 粉の色を見る。(淡い緑黄色をしている粉は新鮮。)



    かぼちゃ



    秋に収穫される「秋かぼちゃ」、ほっくほく料理にも使えハロウィンにも登場!
    カロチン豊富で粘膜を丈夫にしカゼを予防!ガン細胞の発生を防ぐとともに、免疫機能を高めると言われています。

    見た目以上にずっしりと重みがあり、表面にツヤがあるものを選びます。カット売りを買う時は、果肉の色が濃く、種がしっかり詰まっていて、ワタが乾燥していないものがよいでしょう。


    銀杏(ギンナン)



    秋の落ち葉といえばはイチョウの木?イチョウの木といえばギンナン!!
    ギンナン食中毒もあるから、暴食に気をつけて!!



    和菓子、洋菓子、どんな料理にも人気ですね。栗ごはんや甘栗屋さんの良い香り!!

    鬼皮が褐色で、張りと光沢があり、ふっくらと太ったものを選びましょう。
    古くなると水分が飛んで、重みと風味がなくなってしまうので、ずっしりと重いものを選びます。
    傷がついているもの、黒く変色しているもの、穴が開いているものは古かったり、虫食いがある場合があるので、避けます。



    水分たっぷり、梨は秋のデザートに最適ですね。

    軸がしっかりとして果皮に色ムラがなく、お尻がふっくらとして広いもの。
    果皮のザラザラ感(茶色い斑点)は熟すにつれて減り、食べごろになるとツルツルになっていきます
    ※梨を新聞紙で包み、ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れておくとみずみずしいまま長期間保存することが出来ます


    さつまいも


    幼稚園のころ、イモ掘りしませんでしたか?
    石焼き芋、お味噌汁、コロッケ、美味しいものばかり!

    ビタミンC(コラーゲンの生成を促進し、メラニン色素の沈着を抑制)が豊富!!
    よく太っていて、ずしりと重みがり、ツヤのよいもの。ヒゲ根が少なく、跡の小さく、でこぼこの少ないものを選びましょう。



    柿には酒の酔いを醒ます効果があるそうです。。酒を飲む前か飲んだ後に柿を食べると悪酔いを予防します。ただし、干し柿では効果はありません。
    ・ヘタと果実に隙間が無く、ヘタが実にはり付いているような感じのもの。(ヘタも茶色くなく緑色のものが良い)
    ・赤く鮮やかな色でずっしりと重いもの。
    ・丁度よい硬さのもの(あまり硬すぎず、やわらかくもなく・・といった感じ)


    新米


    1:精米日を見て買う
    ・精米されてからお米はどんどん古くなっていきます。
     精米日から2週間程度のものを選ぶようにしましょう。
    2:小窓をのぞいてみてお米の状態をチェック
    ・粒が揃っていて、色が半透明のものを選ぶようにしましょう。
     米粒が欠けているものや白いものは避けること。


    ぶどう



    ぶどうって上に行くほど甘いらしい!!先っちょの一番甘くないとされる部分から食べると最後まで飽きずに食べれるからオススメ。

    ぶどうの粒の表面に白い粉がついているのが新鮮なものといわれている。時間が経ち鮮度が落ちるとぶどうの粒が落ちやすくなり枝が黒ずんでくる。なお、ぶどうの上の部分にある粒が一番甘く、次に下の方が甘く、真中にある粒が一番甘味が弱い。

    まとめるため外部サイトを利用しているんですが、

    いずれにしろ 古の日本人って、保存しやすい五穀米を中心に 旬の菜類、果実。魚、保存食。
    また鳥や卵、猪などは 多少食していたようですね。


    旬の食物は 本来の栄養素に満ちていますから、素肌に身体にとても有益なんです。

    .またお鍋のシーズンにもなってきますね~*

    ご参考 (みその効用に関する研究や論文)

    現在では、みそと健康についての研究は多角的に行われています。みその機能性を明らかにした論文の主なものは以下のとおりです。
    ①みそはがんのリスクを下げる
    ●1日3杯以上のみそ汁で乳がんの発生率が40%減少(厚生労働省研究班 2003年) 
    ●みその塩分は胃がんを促進しない(広島大学・渡邊敦光名誉教授 2006年)
    ●喫煙者が毎日みそ汁を飲むと死亡率は低下する(国立がんセンター・故平山雄博士 1981年)
    ②みそは生活習慣病のリスクを下げる
    ●みそは脳卒中、痴呆症、心臓疾患などの発症を低下させる(大妻女子大学・青木宏教授 1994年)
    ●みそ汁のある食事パターンが骨粗鬆症に効果(㈶癌研究会付属病院・陳瑞東医長 1994年)
    ●糖尿病の改善が期待される、みその褐色色素(女子栄養大学・五明紀春教授 1999年)
    ③みそは老化を防止
    ●発酵によってみそに老化制御機能が生まれる(東京農業大学・小泉武夫教授 1995年)
    ●みそは熟成過程で抗酸化力を高める物質が生まれる
    (東京大学名誉教授・大妻女子大学・加藤博通教授  1994年)
    ④その他の研究
    ●みそには血圧低下作用をもつ物質がある(食品総合研究所・河村幸雄室長 1993年)
    ●みそには美白効果がある(食品総合研究所・新本洋士主任研究官 1997年)



    できれば 夜7時までに食事は済ませ、 
    ぬるめのお湯で、心と身体のデトックスをイメージしながら汗をたくさん出すのが理想的です!


    僕は 特別な時以外は アルコールをやめてみました。

    ひと月少々で 約4キロ減りました。

    また、男ですから、早く昔のように 骨と筋肉だけ(笑)みたいな体型に 戻したいと思っているんです☆.。.:*・


    更に、日用品も ドラッグストアーへ行くのはやめて 安くて高品質なものに変えているんです~(^^♪
    関連記事

    FC2blog テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2018/09/19 23:26】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 美肌  デトックス  健康    インナービューティ  成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |
    IMG_0662[1]



    せり

    競り合うように密生するためにこの名がついたといわれています。春の七草で筆頭に挙げられます。

    ミズナ(水菜)

    昔、京都東寺の九条あたりで、肥料をつかわずに水と土で栽培されていたことが、名の由来です。

    わらび

    わらび(蕨)は、古くから食用されている春の山菜です。

    文旦

    文旦は、インド原産の柑橘類です。 甘み・酸味・独特の苦みがほどよくあり、爽快な風味。


    アマダイ

    アマダイは体色により赤、白、黄アマダイの3種類に分類されますが、一般にアマダイと呼ばれます。

    さわら(鰆)

    体が細長く腹が狭く見えることから「狭腹(さはら)」と名付けられ、春に一番脂がのっているんです。

    のり(アマノリ)

    現在のような干しのりが普及したのは江戸時代です。種類は約30種あります。

    ワカサギ

    ワカサギは1年で成魚になります。春に川を上って産卵し一生を終えます。

    ワカメ

    現在では養殖物が主流となっています。芽かぶはわかめの根元の部分です。旬は、2~6月位までです。

    肉類は、特に旬ということはありませんが、古来より日本人が食していたと思われる鶏、豚を中心に

    できれば自然な状態で育てられたものが 望ましいですよね*

    外食ばかりでは、どうしても見えない部分、あるじゃあないですか*

    余談ですが、韓国の チェ、ジゥさんは 自宅では、五穀米が主食だそうですよ。

    春ですね、、、



    関連記事

    FC2blog テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2018/03/22 21:30】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 美肌  健康  おうちごはん    食材  美容  ダイエット  インナービューティ  成功  まとめ  
    トラックバック(0) |
    IMG_0662[1]


     一部をあげれば~♪



    せり


    競り合うように密生するためにこの名がついたといわれています。春の七草で筆頭に挙げられます。


    ミズナ(水菜)


    昔、京都東寺の九条あたりで、肥料をつかわずに水と土で栽培されていたことが、名の由来です。


    わらび

    わらび(蕨)は、古くから食用されている春の山菜です。


    文旦


    文旦は、インド原産の柑橘類です。 甘み・酸味・独特の苦みがほどよくあり、爽快な風味。



    アマダイ


    アマダイは体色により赤、白、黄アマダイの3種類に分類されますが、一般にアマダイと呼ばれます。


    さわら(鰆)

    体が細長く腹が狭く見えることから「狭腹(さはら)」と名付けられ、春に一番脂がのっているんです。


    のり(アマノリ)


    現在のような干しのりが普及したのは江戸時代です。種類は約30種あります。


    ワカサギ


    ワカサギは1年で成魚になります。春に川を上って産卵し一生を終えます。


    ワカメ

    現在では養殖物が主流となっています。芽かぶはわかめの根元の部分です。旬は、2~6月位までです。

    肉類は、特に旬ということはありませんが、古来より日本人が食していたと思われる鶏、豚を中心に

    できれば自然な状態で育てられたものが 望ましいですよね*

    外食ばかりでは、どうしても見えない部分、あるじゃあないですか*

    余談ですが、韓国の チェ、ジゥさんは 自宅では、五穀米が主食だそうですよ。


    春ですね................*´∀`ノ♪
    関連記事

    FC2blog テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2015/03/07 00:24】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 素肌美  デトックス    食材  健康  美肌  ダイエット  成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |
    a0050_000228 (2)
    ほたるいか

    年中見かける他のイカ類とは違い、店頭に並ぶのは3月後半~6月半ばまでの一時期。
    内臓には旨み成分の一つであるアミノ酸が多く含まれているため、腹ワタごとを味わうとおいしい。また、内臓はビタミンAが豊富です。

    あいなめ

    年中出回っているが、は春から初夏。
    白身でありながら脂身が多いが、料理次第であっさりと仕上がりおいしい。

    鰊(鯡) にしん

    は春先。この時期のニシンは脂肪が多く、他の魚と比べても非常にカロリーが高く、ビタミンも豊富となり、栄養価が上がる。
    カズノコにはタンパク質が多く含まれており、他にリン、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2が豊富です。


    にしん料理
    江戸時代の後期から始まったにしん漁は明治期に全盛期を迎えましたが、漁獲量は徐々に減少してしまいました。現在の日本でのにしん事情は少々淋しいものがありますが、依然として数の子は人気があります。身欠きにしんは昔からの保存食ですが、戻す時に米のとぎ汁で茹でると臭いがとれておいしく仕上がります。

    もろこ

    近畿地方に多い淡水魚の小魚。琵琶湖産は本モロコと呼んで珍重される。
    卵をもった春の物がおいしく、丸ごと煮浸しや甘露煮、フライなどにする。
    幻のシロモロコ。

    さば

    サバは周年出回っていますが、産卵期の4月~6月に獲れる春サバは、脂がのって秋サバ同様に旨い。
    鮮度が高いのが肝心で、この季節なら締めサバにして刺身や棒ずし、酢の物、和え物にするとさっぱりして食べやすい。
    サバのピリ辛ゴマみそ煮。 サバのみそ焼き。


    からすがい

    は3月~4月。関西方面のすし種として欠かせない。
    あっさりしていて、刺身、酢の物に適している。

    さくらだい

    サクラダイは美称で本名はマダイ。くせがなく、甘美で、淡泊。
    の分かりにくい魚だが、春の産卵期を迎え、深みから浅いところへ移動した時が食べ頃。

    眼張/ハチメ/ハツメ めばる

    体色によって赤メバル、黒メバル、黄メバルがあるが、赤メバルが一般的で味も一番よい。
    皮の赤身が濃いほど新鮮で、古くなると色があせてくる。
    は春から夏。めばる料理。

    また、鮎なども 楽しみです。

    の食材は滋養豊富ですから、美容健康、しいてはデトックスに取り入れていきたいですね*
    関連記事

    FC2blog テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2014/06/14 03:17】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 素肌美  デトックス  健康    インナービューティ  美容  成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |


    みんなのきょうの料理

    関連記事

    FC2blog テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

    【2012/10/11 07:00】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 美肌  美容  健康    食事  成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |