SEO対策

    2017/07/20

    2017年07月

            

    パワーストーンって、効果が本当にあると思いますか?

    category - 美肌 健康 ダイエット 成功 幸福
    2017/ 07/ 20
                     
    画像 198

    「パワーストーン」と聞くと、どのようなイメージをもちますか?



    「災難から身を守ってくれそう」とか「眠った才能を引き出してくれそう」といった「良いイメージ」をもたれている方、あるいは「単なる気休めのような気がする」とか「そんな簡単に運が良くなったら全員が使うはず」といった「悪いイメージ」をもたれている方、それぞれいらっしゃると思います。

    この「パワーストーン」。
    果たして、単なる「気休め」なのでしょうか? 運気とは何も関係がないのでしょうか?



    パワーストーンのメカニズム

    「パワーストーン」は、人間の能力の潜在部分に影響を与えて「運気」という形で結果をもたらしてくれる、最も身近なアイテムなんです。

    ぜひ「パワーストーン」のメカニズムと「運気との関係」について正しく理解して頂き、理想の人生プランを実現して頂きたいと思います。



    パワーストーンって何?

    ではそもそも「パワーストーン」とは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか?

    「パワーストーン」というのは「人間の運気に影響を与える機能をもっていると言われる鉱物」の総称です。その多くは水晶やラピスラズリといった地中から掘り出される「天然石」を指しますが、ギベオンのように地球外の物質も含まれます。







    ギベオン隕石(ギベオンいんせき、Gibeon meteorite)は現在のナミビア・ハルダプ州で発見された鉄隕石である。ギボン隕石とも。約4億5千万年前に地球に落下したと考えられている。(wikipedia引用)



    鉱物は地球上だけでも4000種類以上ありますが、それらすべてが「パワーストーン」と呼ばれているわけではありません。


    諸説ありますが「パワーストーン」と考えられている鉱物は50種類程度と言われています。

    そのため、綺麗な石だったら何でも良いというわけではないのですね。(パワーストーンと称して売られている単なる鉱物もたくさん出回っています。)



    なぜ「パワー」があると言えるの?


    「パワーストーン」はそのまま直訳すれば「力石(ちからいし)」です。

    つまり何らかの「力」をもっているわけです。
    普通の鉱物と「パワーストーン」の違いは「周波数」の違いです。
    少々難しい話をしますと、人間に限らず物質はすべて「波動」が集積された集合体です。

    これはアインシュタインやホーキング博士など多くの物理学者が証明をした「量子力学」によって明らかにされています。



    物質の究極の最小単位「波動」

    以前までは物質の最小単位は「原子」だと言われていましたが、その後「陽子・中性子・電子」が発見されて、さらに「クォーク」という最小単位が発見されました。

    ここまでが科学で証明できた物質の最小単位です。

    これを科学の枠を超えた「未科学」の領域に引き上げて「量子力学」の理論に当てはめてみましょう。

    「クォーク」には隙間(空間)がたくさんあって、その隙間を「光の波動」が移動しているということが解明されました。

    この「光の波動」というのが物質の究極の最小単位であり、空間を一定の周波数で移動しているため「波動」と呼ばれます。

    「波動」の周波数が低いと固体になり、周波数が高いと「液体」「気体」、そして更には(人間の目には見えませんが)「エーテル体」となっていくわけです。

    要するに人間の身体を形成している物質はすべて「波動」であって、その「波動」の「周波数」によって様々な変化が生じるということです。


    周波数が与える影響とは


    人間は「周波数」が高ければ高いほど能力が高まります。

    そして脳の中で使われていない部分(潜在領域)や魂の部分(エーテル体)が活性化されて、身体機能や脳機能だけでなく、イメージ力、想像力、予知力、観察力、霊力などが高まります。

    つまり「運の良い状態」というのは、それらの能力を使って「自分の理想としている環境に近づけることができる状態」を指します。


    運の良い出来事、運の悪い出来事は実は偶然に発生しているのではなく、すべて自分の能力によって作り上げられた必然的な結果なのですね。


    パワーストーンが運気を上げる理由


    自分の「周波数」は、本来であれば自分の意思で変えられます。


    しかし日々の生活において周辺環境から様々な影響(特にストレス)を受けていると、「周波数」を高めること、そして高い状態で維持することが非常に難しくなってしまいます。



    自分の「周波数」を維持するためのアイテム


    例えば、一流スポーツ選手のように想像を絶するプレッシャーの中でも、右脳をフル活用して「自己イメージ」をしっかり形成できる人が大勢います。

    これは自分の「周波数」を高い位置で維持していることに他なりません。

    つまり、潜在領域の能力を引き出すことができる状態というわけです。

    「理想」や「願望」として脳に描いた状態を、しっかり細部まで具現化するプロセスが確立されているわけです。

    しかし、私たちはなかなか一流スポーツ選手のマネをすることはできません。
    ついつい心が負けてしまい「周波数」が下がってしまうんですね。
    そのため周波数を高めてくれる物質、つまり「パワーストーン」の力を借りるわけです。


    無論パワーストーンに限らず、食べているもの、

    環境、意識。全てが相乗作用となって

    その方を形成しているという事ですが.....❇




    「パワーストーン」自体が高い周波数を宿している場合もありますし、高い周波数を引き出すエンジンの役目を持っている場合もあります。

    いずれにしても「パワーストーン」とシンクロすることで、体内の「周波数の低下」を防ぐこと。


    それが「パワーストーン」が「運気を良くする」メカニズムであり、オカルトや迷信ではないっていうことなんです
                
    関連記事