デトックス、美肌、富、幸福*をテーマにメッセージしていきます。


     デトックス美容とは、体内に溜まった毒素を排出させることでキレイになる方法です。



     でも、本来私達の身体には、もともと入って来た毒素を追い出す力、デトックス能力をもっています。肝臓や腎臓などは有害物質を身体に取り込まないように解毒する能力がありますし、排尿や排便は身体の中に毒素を溜め込まないデトックス機能です。



     しかし、食生活などの変化から今や、体が備えているデトックス力では間に合わないほどの勢いで毒素が蓄積している可能性があり、それがお肌の不調や肥満へと繋がっている可能性があります。



     そこで、「毒を無害化する」「腸の流れを良くして、体外へ押し出す」などの働きを持つデトックス成分を食材から積極的に摂ることにより 体に毒素を溜め込まないようにしてあげることが、デトックス美容法も今や重要なこととなってきています。



     体の中に入った毒素の約80%は排便によってデトックスされていますから、便秘を改善することは非常に有効なデトックス美容法であるといえます。



     便通を良くするためには、腸に溜まった毒をデトックスしてくれる食物繊維を含む食材を食べるようにする事が大切。デトックスに効果的な食物繊維の中でも玄米、食べづらければ最初は五穀米を白米と混ぜるとよいでしょう。



    ソバ、かぼちゃ、トマト、ごぼうなど穀物や野菜に多く含まれている不溶性食物繊維は、便量を増し便の硬さを適度にしながら移動させるので、便秘の予防と同時に腸内にビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがありますから、食生活から行なうデトックス美容法として、食べておきたい食材です。


    僕は、最近 特別なことながなければ アルコールもやめ(人それぞれですが)
    なるたけ 人工的なもの(ジャンクフードやコンビニ弁当など)は控え、夕食は19~20時までには
    摂るようにしているんです。

    かと言って、身体が欲するものを食べるようにしています。

    健康体になれば、当然 必要な食物を欲するわけですから................*


    血流が清くなっていけば、すみずみまで清流のように血が行き渡り画像 193 (2)


    多くの不定悠訴も改善されるものです。



    寒くなりましたね..............................*



    旬のものを うまく取り入れながら、身体を冷やさないように!頑張りましょう*

    また、乳酸菌、オリゴ糖などを含む 天然成分由来の 安価で高品質なサプリがあることも

    最近、知りましたΣ(゚Д゚)/
    関連記事

    【2018/11/15 20:34】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 素肌美  デトックス  健康  ダイエット  肥満  成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |

    はじめまして
    じゅんぶりる
    はじめまして。
    自分はドラッグストアで医薬品の接客をしていました。こんなのおすすめですよ。
    1日2回の服用で肝斑(かんぱん)を改善!
    http://nagato1983.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

    肌荒れ・いぼに
    http://nagato1983.blog.fc2.com/blog-entry-118.html


    コメントを閉じる▲
    https://youtu.be/AnMcg14dTEE

    この ホピ族って、アメリカ先住民の一種族でもあり 数々の予言でも知られている種族です。
    精神的な 継続できる循環社会を歩んでいるようです。
    僕らのように 文明社会に生きる場合、90%以上物質的な生き方を歩まざるを得ず
    先のない 混沌とした世界へ歩んでしまっているのが 現状ではないでしょうか...*

    気づいた人らは、個人から~日用品他すべて 自然由来のものに変え、デトックス!
    身体も、基本の腸がきれいでなければ、何をとり、食べても 効果が弱い訳ですから
    まずは身体をデトックス*
    僕も心がけているところです。

    現実、下記のようなレポートも届きました。

    「自宅の掃除と喫煙は異なる行動だが、住宅用洗剤を定期的に使用することが、1日にたばこ1箱を吸うのと同程度の悪影響をもたらす可能性があることが分かった。

    先ごろ「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」に掲載された研究結果によると、ノルウェーのベルゲン大学とハウケラン大学病院研究者らが欧州共同体呼吸器健康調査(ECRHS)に参加した6235人の肺機能の長期的な変化について分析したところ、次のような結果が得られたという。

    研究者らは、加齢に伴う「1秒量(FEV1)」と「努力肺活量(FVC)」の減少を調べた。FEV1は(例えば誕生日ケーキの上のろうそく千本を一息で吹き消そうとするように)最大量を吸った後に1秒間で強制的に吐き出せる空気の量。FVCは、可能な限り吸った後に肺から吐き出すことができる空気の総量だ。
    だが、一方でこうした研究結果が示されるのは、今回が初めてではない。米国肺協会は、洗剤に含まれているアンモニアや漂白剤、その他の揮発性有機化合物(VOCs)が目や喉、肺に炎症を起こし、慢性呼吸疾患やアレルギー反応、頭痛の原因となるほか、発がんの危険性もあると警告している。

    残念ながら、住宅用洗剤に含まれる全ての化学物質のリストは必ずしも入手できるものではない。米国の法律では、洗剤メーカーにそうしたリストの作成が義務付けられていないためだ。ただ、環境保護庁(EPA)は「セイファー・チョイス(Safer Choice、より安全な選択)」プログラムを推進しており、その定める基準を満たす洗剤などのリストを提供している。

    ベーキングソーダ(重曹)や酢など、掃除に使えるより自然で安全なものもある。自分で洗剤に代わるものを作ることもできる(ユーチューブには作り方を紹介する動画も投稿されている)。

    有害な化学物質を含む可能性がある洗剤を使用している人は、掃除をするときには扇風機やエアサーキュレーターなどを使って空気を循環させたり、ドアや窓を開けておいたりするなど、部屋の換気に注意をしておく必要がある。

    調査によると、2つの測定値はいずれも、20~25歳が最も高く、その後は年齢とともに徐々に低下した。ただ、いずれも定期的に自宅を掃除していた女性の方がそうでなかった人に比べ、毎年FEV1が3.6mlずつ、FVC が4.3mlずつ早く減少していた。清掃員として働いていた女性の場合は減少のペースがさらに早く、清掃員ではなく自宅で定期的な掃除も行っていなかった女性に比べ、毎年FEV1が約3.9mlずつ、FVCが約7.1mlずつ早く減少していた。

    さらに、自宅を定期的に掃除していなかった女性で喘息の人の割合は9.6%だったが、定期的に掃除をしていた女性は12.3%、清掃員だった女性は13.7%が喘息と診断されていた。こうした肺機能の低下のペースは、毎日たばこを1箱吸う習慣があった人たちの加齢に伴う変化と、ほぼ同様だという。

    こうしたコホート研究は(住宅用洗剤の定期的な使用と肺機能の低下が迅速化の)関連性を示しているにすぎず、それらの洗剤を使った掃除が実際に肺機能をより早く低下させているのだと証明するものではない。また、研究では男性の間には同様の関連性が見られなかった。


    恐らく、定期的に自宅を清掃していると答えた男性の数が少なすぎたためと考えられている。因果関係のほか、洗剤に含まれるどの化学物質が肺に影響を及ぼしている可能性があるのかを明確にするためには、今後より多くの研究が必要だ。」

    僕は、水回り~洗剤類すべて 無害なものに変えました。
    文明社会に生きる限り、身体の内から外から環境からデトックス!心がけているんです.......( ´艸`)。
    関連記事

    FC2blog テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

    【2018/11/06 22:02】 | 魂 デトックス 幸福 平和
    【タグ】 デトックス    幸福  ホピ族  美肌  健康  アンチエイジング  平和    まとめ  
    トラックバック(0) |