SEO対策

    Post

            

    冷え性等の改善について、、、*

    category - 美肌 食事 健康 成功 幸福
    2014/ 04/ 08
                     
    冷えをなくす食べ物*

    増えている冷え性*

    冷暖房設備が整った環境や過度のダイエットなどにより 最近 冷え性を訴える人が増えていると言われています。
    特に 女性では過半数以上が「冷え」で悩んでいるとも言われます。


    「冷え性」を防ぐためには 運動や入浴などで血行をよくすることも必要ですが それ以外に食事の改善も必要となります。 「冷え性」は どちらかというと 元気がなく体力に乏しい体質を持つ人に多く見られるようですが 「冷え」は血の巡りがよくないことが原因でおこります。 また 体内で「熱を作る力」が弱いために冷えを感じやすくなることも原因となります。

    熱(エネルギー)は主に体の筋肉で作られるので 筋肉の発育が悪いと熱産生を弱め「冷え」を感じさせやすくさせます。


    また 特に女性では「自律神経」の乱れからくるものも多く 自律神経が内臓・血管・心筋などを支配しているため 自律神経の乱れが血管の運動障害を起こし 「冷え」や「頭痛・肩こり・めまい・動悸」などといった症状を引き起こしやすくします。

    これは「女性ホルモン」の影響によるものが大きく 卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が心身状態に大きく影響を及ぼすと言われています。


    特に「妊娠・出産・育児」といった情緒不安定な時期にも ホルモンの微妙な変化を向かえ 更年期(40代後半)では卵胞ホルモンの急激な減少によって 心身内部の変動がおこりさらに「冷え」の症状がおこるとされます。 男性は 女性に比べてホルモンの変化が比較的安定しているため 少ないともいわれますが 環境の変化や高年齢化によって増える傾向にあるとも言われています。


    「冷やす」食べ物と「温める」食べ物
    長い間 東洋医学(漢方)の世界では 体には「陰と陽」のバランスが基本となり 食べ物や生薬は「寒・涼・平・温・熱」の5っの性に分けて症状や体質に併せて食べたり処方されたりしてきました。



    食べ物の中でも体を「冷やす食べ物」と「温める食べ物」とそのどちらでもない「中間の食べ物」があり その実体についてはまだよくわからないことも多いようですが 冷え性の改善のためには 冷やす食べ物を減らし 温める食べ物を
    多く摂るようにすると良いとされています。どちらかというと 暖かい地方や夏に採れる野菜・果物(トマト・胡瓜・ナス・白菜など)などは体を冷やす作用があり 逆に寒い地方や冬に採れる食べ物(代表的なものでは生姜・ネギ・ニンニク・唐辛子)には体を温める働きをするものが多いのです。自然界の摂理ですね*



    ただし 食事の上では 栄養を過不足なく摂ることが一番大切です。 体を冷やすからといって 食べてはいけないと考えてしまうと栄養バランスが片寄ってしまうので 食べ方や調理方法を変え 体を冷やす食べ物でも 生でサラダなどで食べるよりも スープや温野菜などにして温めて食べるように工夫を加えることによって冷えをなくすることもできますし、デトックスの改善にもつながるでしょう*





    FC2ノウハウ
                             
                                      

    コメント

    非公開コメント