SEO対策

    2015/03/29

    Post

            

    石原さとみさんの 美容、ダイエット法です。

    category - 美肌 健康 ダイエット 成功 幸福
    2015/ 03/ 29
                     



    これは あえて加筆する必要もないと思いますので、ご参考にしてくださいね~*

    桜


     写真は、ウチの近くの桜並木です、もう 散りかけて...........✽~❀~✿........*
     石原さとみさんのこと.......。


    2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属(5期生)し、石神 国子(いしがみ くにこ)名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』へ出演しており、芸能活動の経験がある(公式には"石原さとみ名義"で初出演した『わたしのグランパ』をもってデビュー作品としている)。

    2003年、『きみはペット』(TBS系)の澁澤ルミ役で連続ドラマ初出演。同年、NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン・岩田冬子役に抜擢された[1]。以後『WATER BOYS2』などの多数のドラマ、映画に出演し、知名度を上げていく。

    2005年、NHK大河ドラマ『義経』に静御前役として出演。

    2006年、『Ns'あおい』(フジテレビ系)で民放連続ドラマ初主演。同年秋には、『奇跡の人』のヘレン・ケラー役で舞台に初挑戦する。

    2008年、つかこうへい作・演出の舞台『幕末純情伝』の沖田総司役で2度目の舞台出演。

    2009年、『ヴォイス〜命なき者の声〜』(フジテレビ系)で月9ドラマ初出演、ヒロイン・久保秋佳奈子役を演じる。同年秋、井上ひさし新作書き下ろしの舞台『組曲 虐殺』にヒロイン・田口瀧子役で出演。

    2010年、スペシャルドラマ『坂の上の雲』(NHK)に秋山季子(秋山真之の妻)役で出演。

    TC Candlerが選ぶ「世界で最も美しい顔100人」で2013年32位[2]、2014年25位に選ばれる。

    2015年3月4日の「雑誌の日」を記念とした「カバーガール大賞」の2014年の総合大賞に選ばれる[3]。

    人物

    第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン参加の時点でまだ高校1年生であり、以降しばらくは芸能活動とともに学業につとめたが、2005年3月に高校の卒業を経て以来現在は女優業に専念する。本格的な女優活動開始後も演劇に関する学科、もしくは単位制を設置する高校には転校せず、1年次に入学した全日制普通科のみの高校をそのまま卒業している。

    本名は非公開である。現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである。

    2005年4月から2010年4月まで、冠番組『石原さとみ SAY TO ME!』(ニッポン放送・週1回放送)のラジオパーソナリティを務めた。

    役名の歌手を含め、歌手業は未経験である。芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』では、劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った。

    石原が『てるてる家族』に出演したときにその活動報告のために公式ウェブサイトに『さとみの大阪日記』を開設。クランクアップ後石原のそれ以降の活動報告のために日記はそのまま残し、『さとみ日記』として継続された。2012年6月18日に『さとみ日記』はアメーバブログに移転され、『Satomi Diary』としてオフィシャルブログが開設されたが、現在は閉鎖されており、2014年7月から自身が始めたTwitterで活動報告等がなされている。

    好きなアーティストはGLAYとゆず。
    初めて買ったCDもアルバムもコンサートもGLAY(『さとみ日記』より)。
    ゆずは石原がデビュー間もない頃、学業と仕事の両立に人生で一番悩んでいたとき、「ゆずさんの曲を聴くと元気になれた」という(『EXILE魂』より)。ほかにもフジテレビの『新堂本兄弟』において、自らがプロモーションビデオに出演したシングル曲「桜木町」を歌ったことがある。その際、冒頭部分を琴で演奏した。

    受賞歴

    女優業

    映画
    第28回報知映画賞新人賞(わたしのグランパ、2003年)
    第16回日刊スポーツ映画大賞新人賞(同作品、同年)
    第25回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(同作品、同年)
    第46回ブルーリボン賞新人賞(同作品、同年)
    第13回日本映画批評家大賞新人賞(同作品、同年)
    第27回日本アカデミー賞新人俳優賞(同作品、同年)
    第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞(北の零年、2006年)

    テレビドラマ
    第41回ゴールデン・アロー賞放送新人賞、最優秀新人賞(てるてる家族、2003年)
    第29回エランドール賞新人賞(WATER BOYS2、2005年)
    第74回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(リッチマン、プアウーマン、2012年)[4]
    第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(失恋ショコラティエ、2014年)[5]
    東京ドラマアウォード2014 助演女優賞(失恋ショコラティエ、2014年)[6]

    その他
    二十歳のベスト・パール・ドレッサー2007
    VOGUE NIPPON Women of the Year 2010
    第9回クラリーノ美脚大賞2011
    第13回ベストフォーマリスト 女性部門(2012年)[7]
    世界で最も美しい顔100人 - 32位(2013年)、25位(2014年)
    第27回日本メガネベストドレッサー賞・芸能界部門(2014年)[8]
    Yahoo!検索大賞2014・女優部門[9]

    出演

    映画
    ホ・ギ・ラ・ラ(2002年) - サンジュ 役 ※石神国子名義
    船を降りたら彼女の島(2003年、アルタミラピクチャーズ) - 水上ちづる 役 ※石神国子名義
    わたしのグランパ(2003年、東映) - 五代珠子 役 ※公式にはこの作品がデビュー作である
    Jam Films S すべり台(2005年)
    北の零年(2005年、東映) - 小松原多恵 役
    包帯クラブ(2007年、東映) - 騎馬笑美子(ワラ) 役
    銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜(2008年4月19日、ワーナー・ブラザース映画) - 武留守リリー(ギャル師匠時) 役(友情出演)[10]
    フライング☆ラビッツ(2008年、東映) - 主演・早瀬ゆかり 役
    人間失格(2010年、角川映画) - 良子(よしこ) 役
    座頭市 THE LAST(2010年、東宝) - タネ 役
    インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年、ワーナー・ブラザース映画) - 関水美夜 役
    漫才ギャング(2011年、角川映画) - 宮崎由美子 役
    月光ノ仮面(2012年、角川映画) - 弥生 役
    貞子3D(2012年、角川映画) - 主演・鮎川茜 役
    BUNGO〜ささやかな欲望〜 注文の多い料理店(2012年、角川映画) - 藤子 役
    カラスの親指(2012年、20世紀フォックス映画、ファントム・フィルム) - 河合やひろ 役
    貞子3D2(2013年、角川映画) - 鮎川茜 役(特別出演)
    MONSTERZ モンスターズ(2014年、ワーナー・ブラザース映画) - 雲井叶絵 役
    幕末高校生(2014年、東映) - 主演・川辺未香子 役
    風に立つライオン(2015年3月14日公開、東宝) - 草野和歌子 役
    進撃の巨人(2015年夏公開予定、東宝) - ハンジ 役[11]

    テレビドラマ
    窓を開けたら(2003年3月25日、NHK) - 山本うさぎ 役
    きみはペット(2003年4月16日 - 6月18日、TBS) - 澁澤ルミ 役
    連続テレビ小説 てるてる家族(2003年9月29日 - 2004年3月27日、NHK) - 岩田冬子 役[1]
    天国への応援歌 チアーズ〜チアリーディングにかけた青春〜(2004年4月3日、日本テレビ) - 美貴子 役
    BE-BOP-HIGHSCHOOL(2004年6月16日、TBS) - 泉今日子 役 BE-BOP-HIGHSCHOOL2(2005年8月17日)

    WATER BOYS2 (2004年7月6日 - 9月21日、フジテレビ) - 矢沢栞 役
    H2〜君といた日々(2005年1月13日 - 3月24日、TBS) - 古賀春華 役
    大河ドラマ 義経(2005年1月9日 - 12月11日、NHK) - 静(静御前) 役
    赤い疑惑(2005年6月15日・22日・29日、TBS) - 大島幸子 役
    怪談スペシャル 契り(2005年8月2日、フジテレビ) - 由衣 役
    クライマーズ・ハイ(2005年12月10日・17日、NHK) - 望月彩子 役
    Ns'あおい(2006年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 美空あおい 役 Ns'あおいスペシャル 桜川病院最悪の日(2006年9月26日)

    DRAMA COMPLEX 手の上のシャボン玉(2006年9月5日、日本テレビ) - 桜庭莉紗 役
    氷点(2006年11月25日・26日、テレビ朝日) - 辻口陽子 役 ※文化庁芸術祭参加作品
    翼の折れた天使たち 第一夜「衝動」(2007年2月26日、フジテレビ) - 吉村ユリ 役
    花嫁とパパ(2007年4月10日 - 6月26日、フジテレビ) - 主演・宇崎愛子 役
    世にも奇妙な物語(フジテレビ) 世にも奇妙な物語 秋の特別編「未来同窓会」(2007年10月2日) - 松井春香 役
    世にも奇妙な物語 '13秋の特別編「仮婚」(2013年10月12日) - 盛田成美 役

    恋のから騒ぎ〜Love Stories IV〜「声が震える女」(2007年11月30日、日本テレビ) - 彦田六美 役
    まるまるちびまる子ちゃん 第26回「まる子、ピンポンパンを踊る」(2007年12月6日、フジテレビ) - ピンポンパンのお姉さん 役
    鹿鳴館(2008年1月5日、テレビ朝日) - 大徳寺顕子 役
    パズル(2008年4月18日 - 6月20日、朝日放送・テレビ朝日) - 鮎川美沙子 役
    ウォーキン☆バタフライ 第1話、第10話(2008年7月 - 9月、テレビ東京) - 早瀬ゆかり 役 (※映画『フライング☆ラビッツ』との連動企画)
    長生き競争!(2008年12月26日、東海テレビ) - 山田エリ 役
    ヴォイス〜命なき者の声〜(2009年1月12日 - 3月23日、フジテレビ) - 久保秋佳奈子 役
    こちら葛飾区亀有公園前派出所(2009年8月8日、TBS) - 駄菓子屋の「若いモエコ」 役
    左目探偵EYE〈単発スペシャル〉(2009年10月3日、日本テレビ) - 狭山瞳 役 左目探偵EYE〈連続ドラマ版〉(2010年1月 - 3月)

    裸の大将 火の国・熊本篇〜女心が噴火するので〜(2009年10月24日、フジテレビ) - 下城多美 役
    椿山課長の七日間(2009年12月19日、テレビ朝日) - 和山椿 役
    大仏開眼(2010年4月3日・10日、NHK)- 阿倍内親王(孝謙天皇) 役
    逃亡弁護士(2010年7月 - 9月、関西テレビ) - 二ノ宮絵美 役
    霊能力者 小田霧響子の嘘(2010年10 - 12月、テレビ朝日) - 主演・小田霧響子 役
    坂の上の雲 第2部・第3部(2010年 - 2011年、NHK) - 秋山季子(秋山真之の妻) 役
    ブルドクター(2011年7月 - 9月、日本テレビ) - 釜津田知佳 役
    使命と魂のリミット(2011年11月5日・12日、NHK) - 氷室夕紀 役
    蛇蝎のごとく(2012年3月14日、テレビ東京) - 古田塩子 役
    リッチマン、プアウーマン(2012年7月 - 9月、フジテレビ) - 夏井真琴(澤木千尋) 役 リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年4月1日)

    ラッキーセブン スペシャル(2013年1月3日、フジテレビ) - 栗原みづき 役
    恋(2013年12月16日、TBS) - 矢野布美子(青年期) 役
    新春ドラマスペシャル “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」(2014年1月2日、TBS) - 浅岡未緒 役[12]
    失恋ショコラティエ(2014年1月13日 - 3月24日、フジテレビ) - 高橋紗絵子 役
    ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル「S銅山の女」(2014年8月16日、フジテレビ) - 山辺夏美 役[13]
    ディア・シスター(2014年10月16日 - 12月、フジテレビ) - 深沢美咲 役

    ドキュメンタリー番組
    原爆 63年目の真実(2008年8月2日、テレビ朝日)[14]
    旅のチカラ 「マイム 言葉なき感情 石原さとみ パリ」(2012年4月12日、NHK BSプレミアム)
    本当にあった怖い話(2014年8月16日、フジテレビ)
    石原さとみ 私の愛するニューヨーク(2013年10月19日、BS日テレ)

    ラジオ番組
    第30回 ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(2004年12月24日 - 25日、ニッポン放送) - パーソナリティ
    石原さとみ SAY TO ME!(2005年4月2日 - 2010年4月4日、ニッポン放送)
    石原さとみのオールナイトニッポン(2007年1月12日、ニッポン放送)

    舞台
    奇跡の人(2006年10月6日 - 11月19日 / 演出:鈴木裕美 / 青山劇場および各地方公演) - 主演・ヘレン・ケラー 役
    幕末純情伝(2008年8月13日 - 9月10日 / 作・演出:つかこうへい / 新橋演舞場および各地方公演) - 主演・沖田総司 役
    組曲 虐殺(2009年10月3日 - 11月2日 / 作:井上ひさし / 演出:栗山民也 / 天王洲銀河劇場および各地方公演) - 田口瀧子 役
    港町純情オセロ(2011年4月15日 - 5月15日 / 劇団☆新感線 / 演出:いのうえひでのり / 赤坂ACTシアター、シアターBRAVA!) - モナ 役
    ロミオ&ジュリエット(2012年4月29日 - 6月10日 / 赤坂ACTシアター、シアターBRAVA!) - ジュリエット 役
    ピグマリオン(2013年11月13日 - 12月1日、新国立劇場中劇場) - 主演・イライザ 役[15]

    Webドラマ
    彼は、妹の恋人(2011年12月、Bee TV) - 主演・星野美雪 役

    CM・広告
    J-PHONE 写メール(2003年1月 - 3月)※現ソフトバンクモバイル
    バンダイ ケロケロキングDX(2003年6月 - 9月)
    江崎グリコ 「DONBURI亭」
    「パピコ」
    「ポッキー」
    「アイスの実」
    「パナップ」
    「牧場しぼり」(2009年4月)[16]
    日本縦断グリコワゴンキャンペーン(2010年)

    第一生命 第一でナイトシリーズ(2004年)※田中麗奈より同シリーズを継承
    永谷園 「松茸の味 お吸いもの」
    「あさげ」
    「わかめバンザイ!」

    共同募金(2004年10月 - 12月)
    サントリー 「BOSSレインボーマウンテン」(2006年1月 - 3月)
    「-196℃ストロングゼロ〈ダブルレモン〉」(2009年2月 - )[17] 
    「ふんわり鏡月」(2012年3月 - )[18]

    トヨタ自動車 あしたのハーモニー(2007年6月)
    クラシエ 「いち髪」(2007年7月)
    「コッコアポ」(2011年)

    セガ「ようこそセガへ」(2007年8月)
    SANYO パチンコ「CRギンギラパラダイス2」(2010年6月 - )
    そごう・西武「セブンネットのe.デパート」(2011年)
    ブリヂストン「TAIYA CAFE」(2011年3月 - )
    花王 「フレア フレグランス」(2011年9月 - )
    「ソフィーナ Primavista」(2013年2月 - )[19]

    ネクソン「マビノギ英雄伝」(2011年11月)
    ジャパンゲートウェイ 「スリーボム」(2011年11月)
    「Reveur」(2013年3月 - )[20]

    ゼスプリ「ゼスプリ・キウイフルーツ」(2012年5月)[21]
    三菱東京UFJ銀行「DO Smart」(2012年7月 - )
    オンワード樫山「組曲」(2012年9月 - )
    リクルート「ホットペッパービューティー」(2012年11月)
    NHN Japan「LINE」(2013年1月)
    NTTドコモ 2013年夏モデル(2013年5月 - )[22]
    「dヒッツ」(2013年8月 - )[23]
    2013 - 2014冬春モデル(2013年10月 - )[24]
    2014年夏モデル(2014年5月 - )[25]

    イーオン「英会話のイーオン」(2013年12月 - )[26]
    明治 「果汁グミ」(2014年2月 - )[27]
    「ガルボプレミアム 深みカカオ」(2014年10月 - )[28]

    マイナビ「マイナビ転職」(2015年1月 - )[29]

    声優
    モンスターハウス(2007年1月7日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - ジェニー 役(スペンサー・ロック)※日本語吹き替え
    シナモン the movie(2007年12月22日、松竹) - アンナおねえさん 役
    鬼神伝(2011年4月29日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - 水葉 役
    劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム(2011年、東宝) - カリータ 役

    ミュージック・クリップ
    桜木町(ゆず、2004年6月2日発売)※ジャケット写真にも出演
    Celebrate(DEEN、2009年4月29日発売)
    忘れないよ(青山テルマ、2009年8月5日発売)
    バイバイ(7!!、2011年11月2日発売)[30]

    ファッションショー
    ACQUA GRAZIE(2005年3月)
    第14回ファッションカンタータ from KYOTO(2006年6月17日)
    日本の美を愛でる(2006年11月28日)

    Web
    石原さとみインタビュー モッテコ書店 (2008年5月23日)
    朝日求人・マイナビ共同企画 “Heroes File 〜挑戦者たち〜” Vol.47 『ロマンチストだった10代』(2011年3月18日付)
    『1歩踏み出せば、変わる』(2011年3月25日付)


    イメージキャラクター
    第24回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン(2003年)[31]
    赤い羽根共同募金ポスター(2004年 - 2006年)
    2007年度 セガ イメージキャラクター(2007年7月 - 2008年6月)
    ツカモト 振袖「ハタチスタイル」「苺〜一期一会〜」(2011年)

    写真集
    石原さとみファースト写真集三部構成で、それぞれ根本好伸・熊谷貫・原田達夫により撮影。ホリプロタレントスカウトキャラバンの模様や「わたしのグランパ」の収録風景も収める。文藝春秋より2003年3月25日発売。 ISBN 4-16-359540-6たゆたいベトナムでのロケによるグラビアをはじめ、過去の週刊少年サンデーのグラビア、幼少時や小学生時代のプライベートの写真を収録。熊谷貫撮影。小学館より2005年11月16日発売。ISBN 4-09-363702-4二十歳、夏屋久島でのロケによるグラビア等を収める。小澤忠恭撮影。ワニブックスより2007年8月28日発売。 ISBN 4-8470-4034-1moi-モア-カナダでのロケによる撮り下ろしグラビアをはじめ、自身初となるエッセイを収録。大橋仁撮影。主婦と生活社より2011年5月13日発売。ISBN 978-4-391-13983-9
    雑誌レギュラー
    現レギュラーBOMB(学習研究社、月刊)[いつ?]
    steady.(宝島社、月刊)(2011年8月号-)
    旧レギュラーTVステーション 連載「Actress Style」(ダイヤモンド社、隔週刊)[いつ?]
    Wink up(ワニブックス、月刊)[いつ?]
    Kindai(近代映画社、月刊 ※2009年11月号をもって休刊)[いつ?]
    Myojo(集英社、月刊)[いつ?]
    duet(集英社、月刊)[いつ?]

                             
                                      

    コメント

    非公開コメント