SEO対策

    2015/09/18

    Post

            

    最高の目覚めを味わう快眠法のこと、5つです。

    category - 美肌 食事 健康 成功 幸福
    2015/ 09/ 18
                     
    BeautyPlus_20150510211142_save.jpg


    朝、目覚まし時計が鳴り響いたとき、「もう少し寝たい」と思っていませんか?






     最高の目覚め」を味わう快眠法

    あなたはぐっすり眠ることが出来ていないのかもしれません。一度、自分の睡眠と向き合ってみませんか?

    そこで今回は、「最高の目覚めを味わう快眠法」を5つご紹介します。


    1.寝室は「ベージュ」「パステルカラー」で統一
    少しずつでいいので、寝室の模様替えをしてみましょう。

    模様替えで一番大切なのは、テーマのカラーを決めることです。

    オススメのカラーはずばり、「ベージュ」と「パステルカラー」。この二つは、トーナス値(光を見たときの筋肉の緊張度)が低いので、目に優しく、心と体を落ち着かせることができます。結果、よく眠ることができるのです。

    トーナス値が高くなるカラーは、「赤」「オレンジ」「黄」。寝室には、これらのカラーの物は置かないほうが無難です。


    2.明かりは「フットライト」に変更
    眠るときは、寝室を真っ暗にするのがベスト。目を閉じていても、光があるとストレスになり、安眠を妨げます。

    しかし、「真っ暗はちょっと怖い」という人もいますよね。

    そんな人には、フットライトをオススメします。天井のライトとは違い、床を優しく照らすものなので、ストレスになる心配はありません。きっと、ぐっすり眠ることができるはずです。


    3.「鶏肉」を食べる習慣をつける

    肉類の中で一番、睡眠ホルモン「メラトニン」の生成をサポートするのが、鶏肉です。

    しかも、鶏肉は他の肉類に比べて消化しやすいため、夜に食べても安心。「お腹がいっぱいで眠れない」や「胃の調子が悪い」と感じることもないでしょう。

    鶏肉を食べる習慣をつければ、眠りにつきやすくなるはずです。


    4.「陰陽のバランス」を考えて食べる
    人間の体はとってもデリケート。「冬は寒くて眠れない」や「夏は暑くて眠れない」といった経験は、誰にでもあると思います。

    それを防ぐためには、食べ物の「陰陽のバランス」を考える必要があります。

    冬は、体を温める根菜類を多く食べましょう。また、夏は、ウリ科の野菜・果物(キュウリ、スイカ、メロンなど)を食べましょう。体が涼しくなります。

    そうすれば、体温調整が上手くいくようになり、深く眠ることができます。


    5.「こめかみの中心」をマッサージ
    勉強や仕事をしていると、目の疲れが気になりますよね。実は、目が疲れていると、頭が冴えてしまい、眠りが浅くなってしまうといわれています。

    そこで、目の疲れを取るツボをお教えしましょう。こめかみ(食べ物を噛むときに動く部分)の中心に「太陽」というツボがあります。ここを、円を描くように中指で、優しくマッサージしてください。

    疲れが除々にやわらぎ、眠気がやってくるはずです。






    快眠で心身ともに美しく、いかがでしたか?

    最高の目覚めを味わえれば、「今日も試験勉強頑張るぞ!」や「仕事のノルマをこなすぞ!」といった目標もこなせるはず。

    ぜひ、今回の快眠法を参考にしてくださいね。(modelpress編集部)

    ということですが、拝見したところ >的を得ていますので 転載させていただきました~*

                             
                                      

    コメント

    非公開コメント