デトックス、美肌、富、幸福*をテーマにメッセージしていきます。
    2aad6ddbcdaac490f103296051062daa.jpg


    ときどきあるんですが、きのう明け方に夢で ある人から頼まれごとをしていたんです。

    爽やかに目覚める間際で はっきり覚えているんですが、土曜日に声をかけられる気がしたのが、

    いや違う、今日だ!と.....静かに眼が覚めました。  部屋、環境共に とても閑静なところなんです*

    しばらく朝の雑事で忘れていたんですが......都内へ出かけ~その人のいる場所に行き、


    アッ!これ、さっきの夢?思い出し、予想どうりの結果が展開された日となりました。


    考えられるとしたら、氏の波動を僕が事前にキャッチ?したとか

    あらかじめ決まっている出来事が イメージに湧いてきたとか?

    いずれにしても、この現象世界の不可思議さは まだまだ稚拙な我々の科学では 謎だらけだと

    感慨深い日でした.......*    画 pinterestより

    FC2blog テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

    【2016/10/22 23:32】 | 魂 デトックス 幸福 平和
    【タグ】 デトックス    正夢  浄化  健康  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |

    インフォ猫さんへ...☆.。.:*・
    masaki
    お返事、超~遅くなり 本当に申し訳ありませんでしたヽ(´Д`;)ノ

    僕とはまた違った体験を されているようですね。

    僕は 他にも 両親の他界する前後の不可思議な経験。また 昔知人だった看護師が 集中治療室で 上から自分を傍観し、

    遠く 赤い橋の向こうから、亡父や叔父が石を投げ、お前にはやることがあるんだからまだ来るな!と言われ

    気づけば 子宮は全摘出でしたが、ベットの上だったそうです。

    長くなってしまいますので一部ですが、この身体は別としまして 精神、魂?どこから来てどこへ行くのか?

    見えない世界があるような気がして止みません。またよろしくお願い致します☆.。.:*・


    初コメント失礼致します。
    脱毛中 インフォ猫
    masaki kさん初めまして。インフォ猫と申します。

    はじめて訪れた場所なのに、この景色見たことあったり、次に何が起こるのか分かってしまっていたり、デジャブのような出来事って結構ありますよね。あの不思議な感覚は一体何なんでしょうか?夢はすぐ忘れてしまうのに、そういった出来事は何故か覚えているという、これまた不思議。

    なんとなくデジャブのような感覚なのかな?と思い、つい書き込んでしまいました。いきなりのコメント失礼致しました。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    インフォ猫さんへ...☆.。.:*・
    お返事、超~遅くなり 本当に申し訳ありませんでしたヽ(´Д`;)ノ

    僕とはまた違った体験を されているようですね。

    僕は 他にも 両親の他界する前後の不可思議な経験。また 昔知人だった看護師が 集中治療室で 上から自分を傍観し、

    遠く 赤い橋の向こうから、亡父や叔父が石を投げ、お前にはやることがあるんだからまだ来るな!と言われ

    気づけば 子宮は全摘出でしたが、ベットの上だったそうです。

    長くなってしまいますので一部ですが、この身体は別としまして 精神、魂?どこから来てどこへ行くのか?

    見えない世界があるような気がして止みません。またよろしくお願い致します☆.。.:*・
    2016/11/05(Sat) 22:42 | URL  | masaki #iDJV.rII[ 編集]
    初コメント失礼致します。
    masaki kさん初めまして。インフォ猫と申します。

    はじめて訪れた場所なのに、この景色見たことあったり、次に何が起こるのか分かってしまっていたり、デジャブのような出来事って結構ありますよね。あの不思議な感覚は一体何なんでしょうか?夢はすぐ忘れてしまうのに、そういった出来事は何故か覚えているという、これまた不思議。

    なんとなくデジャブのような感覚なのかな?と思い、つい書き込んでしまいました。いきなりのコメント失礼致しました。
    2016/10/25(Tue) 22:08 | URL  | 脱毛中 インフォ猫 #JalddpaA[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック