漢方ダイエット について、、、。

    2012/ 09/ 14
                     
    画像 198
    中国の漢方ダイエットなら、本場だからかなり痩せそうな気がするっていうことありませんか?実は、漢方というのは、古代の中国を源流として日本で発展した医学のことなんです。

    オランダ医学(蘭方)に対して日本の医学を漢方と呼んだのがはじまりのようです。現在では、中国の伝統医学と日本流の漢方医学のことをどちらも同じ意味で使っていることが多いのですが、この2つは異なる点があり、別のものであるともいわれています。「漢方」は日本独自の呼び方で、使われるようになったのは江戸末期ですから、150年位前のこと。今 書店で、マクロビオテクス料理*などどいう本、見かけませんか?あれは本物です。

    厳密にいうと、中国の伝統医学に基づく中国医学と日本の伝統医学の漢方医学の2つが存在するということになります。ここからわかることは、中国製ダイエット食品は、漢方薬ではないものがあるということです。漢方薬は、~湯、~散という名前がつけられ、医者や薬剤師の指示で服用するものとなっています。

    ですから、中国で生産されたもので生薬を配合しているからといって、漢方とは限りません。くれぐれも減肥という言葉に惑わされないことです。そして健康茶は効能が弱いので、これも漢方薬ではありません。現在では、漢方に近い考え方は台湾や韓国医学に残っていても、中国には少ないといっていいのです。

    いずれにしても、本物を見極めていきましょう!美、ヘルス、ダイエットの為に、、、。
                     

    コメント