SEO対策

    Post

            

    九州大学の研究者らが、「がん細胞」のもとになる「がん幹細胞」を死滅させることに成功した。がんの根本治療につながる可能性が期待されている。といいますが?

    category - がん 克服 再起 幸福 成功
    2013/ 03/ 20
                     
    九州大学生体防御医学研・中山敬一主幹教授らによると、がんは「がん細胞」と、そのもとになる「がん幹細胞」

    から成り立っている。「がん幹細胞」は通常、「冬眠状態」にあって増えないが、目覚めると「がん細胞」となり

    、急速に増殖する。しかし、「冬眠状態」では抗がん剤が効かないため治療しても残り、再発や転移の原因となっ

    ていた。

     中山教授らは、「冬眠状態」にさせるたんぱく質「Fbxw7」を発見し、白血病のマウスからこのたんぱく質

    を取り除くことで「がん幹細胞」を冬眠から目覚めさせ、抗がん剤で死滅させることに初めて成功した。

     現在はこのたんぱく質を無力化する薬を開発中で、今後、がんの根本治療につながる可能があるという。

    ただ、あくまでマウスの結果。西洋医学主流の昨今、いたちごっこで 難病 奇病が登場する世の中*東洋医学の

    場合、壮大な歴史の流れの中で 人が このきのこや草を食べたら具合が良くなった!または吐いたり 時には死

    んでしまった!など、自然的な人体実験ともいえるんです。急な外科的措置は 文明のお世話になる限り、西洋医

    に頼るしかありませんが、薬業界に身をおいていた僕には疑問が残ります。別ページに記載してありますが、

    なんの権力からも解き放たれ、自由な発言ができるようになった医学博士、松本氏*のコメントなんです、、*




                             
                                      

    コメント

    非公開コメント