デトックスで美肌へ~富、幸福への道しるべ*  まとめ

    SEO対策

    デトックス、美肌、富、幸福*をテーマにメッセージしていきます。

    画像 173


    健康とは何か
    人は誰でも、健康に暮らし、天寿を全うしたいと願うものです。健康と長寿への願望は、いつの時代にも、人々の強い関心を集めてきました。
    特に中国では、不老長寿への憧れが非常に強く、その長い歴史を通じて様々な知恵と方法が積み重ねられてきました。
    また医学というものが生まれた時期を歴史的にたどってみると、東洋においても西洋においても、ほぼ同じように紀元前400年頃までさかのぼることができます。まさに病を治すというテーマは、洋の東西を問わず、人類の歴史の上で常に人々の関心を集めていたと言えるでしょう。



    健康とは、「心身ともに快適に生きる」という言葉でいえば分かりやすいと思います。 それは規則正しい、自然に沿ったリズムで生活ができ、食事・運動・休養などの生活要素のバランスが無理なくとれている状態であり、そして精神的にも安定しており、思考・感情・意欲が自己コントロールできている状態であると言えます。

    このように心身のバランスがとれた状態にあれば、自ら生命力が満ちあふれ、また積極的な考え方ができますから、その人の持つ能力が十分に発揮され、自己実現の道をしっかりと歩んでいくことができます。
    まさに生きる喜び、仕事をする喜びに満ちており、したがって幸福であり、他の人にもプラスの影響を与えていくことができるのです。さらに言えば、素直に大自然の素晴らしさ、美しさに感動することができ、生きていることの有り難さに心から感謝できる状態であるとも言えるでしょう。
    それが、健康であるということの基本的な概念です。1946年にWHOが公にした世界保健憲章の前文には「健康とは単に疾病や虚弱でないということだけではなく、肉体的、精神的ならびに社会的に良好な状態である」と書かれています。ところが、それに対して今の自分の状況を振り返ったときに、そうでない自分がいるとしたら、どうでしょう。特に具合の悪いところがあるわけではないけれども、かといって「健康です」と断言できない、仕事にしても心身の調子にしても、気持ちよく生きていない、ということを自覚しているとしたら、その人はいわゆる「病気」ではないとしても、中途半端な状態であるわけです。


    健康状態の4つのパターン
    そのような健康状態を分類すると、健康人、半健康人、半病人、病人というように4つに区分けすることができます。



    健康人とは毎日の仕事も楽しくできて、食べるものもおいしい、夜もぐっすり眠れる、体もすっきりしている、という滞りのない状態です。すなわち、先ほども述べたような健康であるということの概念に当てはまる理想的な状態といえるでしょう。


    半健康人とは不自然な環境条件の中でやや不摂生な生活を続けており、生命力も低下気味です。あるいは精神的・肉体的なストレスを抱え込んでおり、ちょっとしたことでイライラしたり、クヨクヨしたりします。また疲れやすく、何事にも根気が続きません。したがって能力が十分に発揮できず、不完全燃焼感、あせり、不満などで、マイナスな考え方に陥りやすくなっています。特にこれといったはっきりとした症状はないけれども、食欲不振であったり、頭が重い・肩がこりやすいなどの軽い自覚症状が現れはじめ、疲労がとれないなど、すっきりしないという状態です。このレベルでは、生活状況を正して根本的な養生(=生命を養う工夫)をすれば、また健康を回復していくことができます。しかし、気のせいだなどと言って放っておいて、そのままの状態を続けていけば、病気側への転落も容易に起こり得る状態です。今日、周囲を見回せば、このような危ない状態で暮らしている人が大半なのではないでしょうか。


    半病人とは不摂生な生活を続けてきた結果として、生命力がかなり低下している状態です。そして具体的な症状、たとえば頭痛・肩こり・めまい・便秘・下痢などが断続的に続いているけれども、はっきりとした病名を特定できるような器質的疾患を見いだすことはできない、という段階です。いわゆる不定愁訴症候群と呼ばれるものが、この範疇に属するものといえます。このレベルでは、単に生活状況を正して養生するだけではなく、場合によっては適切な治療や投薬が必要になることもあります。この段階で健康回復への努力を怠り、処置を誤れば、さらに症状は悪化し、ちょっとしたきっかけで病人になってしまいます。
    病人とは明確に病名がつく状態です。この病人は、さらにその程度により、軽度・中度・重度の3段階に分けられます。軽度の病人とは、なんとか日常生活を続けることができますが、はっきりと病名がつき、症状も慢性化しはじめている段階です。しかし正しい治療と根本的な養生をすれば、比較的早期に回復することができるレベルであるともいえます。中度の病人とは、病状が進行して症状も慢性化しており、ときどき床につかなければならない状態で、日常生活にもかなり支障をきたし始めています。正しい治療を継続し、養生をかなりしっかりとしなければ治癒しないレベルです。重度になると、症状もかなり進行して、ほとんど床についていなければならない状態です。場合によっては入院加療が必要にもなり、もっぱら集中的に治療をしなければならない段階です。
    健康を回復・維持し、より増進するためには、まず自分が今、どのようなレベルの健康状態にあるかを認識する必要があります。健康人・半健康人・半病人・病人のどの範疇にあるかをとらえることにより、どのような養生あるいは治療が必要であるかを知り、それを日常生活の中で実践していくことが大切です。
    健康だという人は気持ちよく生きていますし、病気だということになれば治療を行わなければなりませんから、はっきり自覚せざるを得ません。



    ところが実際には、健康でも病気でもないという中途半端な人が多く、日本人の大人の7割から8割くらいがそういう状態で暮らしているだろうとさえ言われています。自分は健康だという人でも、実は気づかぬうちに半健康人から半病人へさしかかっているという場合もあります。
    健康だといいながら突然倒れてしまう例も増えていますから、安心していられません


    健康は自ら築くもの
    病気ではないと言われたけれど、実感では健康とは言えないという人を見ていると、健康に向かっているというよりは、いずれ病気になっていくという下降線をたどる場合の方が多いのではないでしょうか。また半健康状態にある人自身も、その中途半端な状態のままで、自分は病気のほうに向かっているのではないかという不安を抱きながら生きている場合が多いわけです。
    ところがそう思いながら、一方では、病気になったら病院へ行けばいい、と多くの人々は思っているのではないでしょうか。すなわち治療を受ければ治るだろうというわけです。

    そのように受け身に考え、病気になるのを待っているのではなく、積極的により健康になっていくという方向へ向かうためには、どうしたらいいのでしょうか。そこで自分自身による自分自身のための健康管理ということが必要になってきます。そして自分の生活を見きわめて正していくための方向性と、その方法さえ知っていれば、誰でも健康に向かうことができるのです。



    関連記事

    【2020/09/18 21:11】 | 美肌 デトックス 健康 ダイエット
    【タグ】 健康  デトックス  美肌  インナービューティ  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |


    KIKO
    健康について考えさせられますね。心と体は一つですから、自分の生活がどういう状態なのか見極めるのは大切ですね、

    コメントを閉じる▲


    日本の政治家にも見習ってほしい、愛と闘争の男*ムヒカ氏.......🌸
    関連記事

    FC2blog テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

    【2020/09/14 23:18】 | 愛 友情 美 幸福
    【タグ】 デトックス  美肌  健康  幸福  ムヒカ  人生  真実  平和  まとめ  
    トラックバック(0) |
    画像 251
    ガイア理論とは

    地球と生物が相互に影響しあうことで、地球がまるでひとつの生き物のように、自己調節システムを備えるとする理論。1960年代に、イギリスの生態学者であるジェームズ・ラブロック氏が提唱した。生物は地球環境に適応するだけでなく、環境に働きかけて変化させるという説が、当時としては新しかった。「ガイア」という名前は、ギリシャ神話に登場する大地の女神にちなんでつけられた。

    地球の自己調節システムとは、人が汗をかいて体温を調節したり、発熱して病原体の力を弱めたりするように、地球自体が環境を一定に保つためのコントロールをする仕組みのこと。地球がこの仕組みを備えているという仮説から、以下のような主張を導く人もいる。

    科学技術の力で地球環境に人為的に介入するよりも、地球という大きな生命の流れを読み取るべきだ。
    環境破壊を引き起こしている人間は、地球から有害とみなされ、地球の自己調節システムが作動することで滅んでしまうかもしれない。


    人間が脅かしているのは、地球ではなく人間の文明
    ガイア理論に基づき、地球と私たち人間が相互に作用した結果、何が起こるのか。ラブロック氏は「人間は地球にとって大きな脅威とならず、地球は存続する。人間の引き起こした地球温暖化が脅威を与えているのは私たち自身の文明、そして私たちと相互関係にある動物や植物に対してである」という見解を示している。

    また同氏は「環境破壊という過ちを、人間は正すことができるのか」という問いに対して「ほぼ無理だと思う。地球温暖化による最初の深刻な大災害が起きるまで、私たちは何の対策も行わなかった。人間の文明は失われるだろう。しかし地球と、動物としての私たち人間は生き残る」とおおむね悲観的な見方だ。

    地球からの大きな揺り戻しが起こる前に、私たちは何をするべきか。ひとつの答えは、人間が今まで無視してきた他の生命体とコミュニケーションをとることだろう。たとえば海洋汚染を引き起こせば、海の生き物が悲鳴を上げる。その「声」を聴くために、科学技術の力を借りることもあるだろう。

    ラブロック氏は人間を「知恵を持った狼のようなもの」と評する。その知恵を、人間を中心とした発想から離れるために使う時が来ている。


    現代科学者の一部の方々は、もし 今のままなら 早ければ100年前後で、人類は絶滅すると言います。

    確かに、歴史をふりかえってみると 

    一定の周期で疫病か戦争、または天変地異で 大きく人類が減っている事は否定できません。

    知ることのないはるか古代、人類は 絶滅したのかもしれませんね。



    私自身は、自分にできる事。日用品類はすべて無害なものを使い、ささやかな貢献をするだけです。

    思うに、為政者~権力者の責任であり 一般人にはあまり責任はないと思います。

    コロナとの因果関係を傍観する日々、どうか お気を付けてお過ごし下さい☆☆☆
    関連記事

    FC2blog テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

    【2020/08/11 00:26】 | 魂 デトックス 幸福 平和
    【タグ】 デトックス  環境破壊  改善    健康  平和  美肌  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |
    画像 189

    ㈳日本看護学校協議会共済会様より*

    新型インフルエンザにも効果的~ティーツリー

    今月のアロマ
    精油名 ティートゥリー、ティーツリー
    学名 Melaleuca alternifolia
    科名 フトモモ科
    抽出部位 葉
    抽出方法 水蒸気蒸留法
    新型インフルエンザ感染者の死亡が、疑い例を含め11月8日までに50人を超え、ある調査では死者52人の発症から死亡までの平均日数は5.35日で、過半数の29人は3日以内に死亡したという報告がなされました。にもかかわらず、厚生労働省の見通しでは11月下旬に出荷される新型インフルエンザワクチンの量は、予定の約2割減と発表されました。それならばセルフプロテクトとするしかないと、アロマで活躍が期待できるのがティートゥリーです。

    H1N1型ウイルスの増殖抑制に一役
    WHOによると2009年10月25日において、世界中で44万人を超える実験室診断で確定したパンデミックインフルエンザH1N1 2009感染者と5千700人を超える死者が報告されているといいます。当然のことながら、新型のウイルスに対して各所で様々な研究が行われているなか、精油についてもいくつかの報告がなされています。あくまでも試験管内で行った実験ですが、培養したH1N1菌株と精油に関する研究では、多くの精油にウイルスの生育を阻害する働きが認められました。
    特にティートゥリーに注目した別の研究では、ティートゥリーの精油と分離した主要な含有成分を其々試験管内のH1N1ウイルスに加えています。その結果、「ウイルスの殺菌には至らないものの、驚異的に増殖が抑えられる」ことが分かり、今後、新型インフルエンザ治療薬のひとつとして開発が期待できる、と結論付けたのです。この精油の特徴的な成分であるterpinen-4-olが強く作用しているとも分析しています。

    「お茶の木?!」
    そもそもこのティートゥリーという植物、原産地のオーストラリアでは学名の属名「メラルーカ」のほうが通りがよく、とてもポピュラー。というのも、先住民族のアボリジナルが長いこと万能薬として使っていたからです。彼らは12~5万年もの前からオーストラリアに生活していたといわれ、そこからティートゥリーの薬としての歴史の長さも計りしれるでしょう。ティートゥリーは英語でTee treeですが直訳すると「お茶の木」ということになります。しかしながら、現在ほとんど飲用することはありません。ではなぜTee treeとよばれるのかというと、観測船エンデバーを率いてニュージーランドを発見したことで知られるキャプテン、ジェームズ・クック(James Cook) は、同地を探検したのち1770年4月、オーストラリア東海岸に到達し、現在のシドニーの南方に位置するボタニー湾に上陸しました。クックとそのクルーは自生していたスパイシーな香りのする葉をもつメラルーカを見つけ、お茶にして飲んだことから。命名はキャプテン・クックだったというわけです。

    新型も含めインフルエンザ対策に使わない手はありません
    アボリジナルは生の葉を噛むことで腸内の寄生虫を予防したり、擦り傷や虫さされに塗るなど天然の治療薬として大事にしてきたティートゥリー。その薬効は次第に認められ、第2次世界大戦の際、熱帯地方の部隊の救急キットに加えられたほど。その後、さらに科学的な研究が進み、最近では細菌や真菌に対しての殺菌力、また耐性菌が発生しにくいことから院内感染などへの応用等、医薬品の世界でも注目。新型インフルエンザにも効果がありそうなのは、非常にうれしいニュースです。比較的は安全な精油なので抗菌スプレーで感染予防対策にうってつけ。インフルエンザは飛沫感染。外出の時には自分のマスクの外側にティートゥリーで作った抗菌スプレーを吹き付けておけばガードはより強固に、今あるハンドソープにちょっと加えておけば安全度もアップ間違いなし。


    私は、以前から 日本では薬品としては認められていないんですが、

    (以前業界人として言いますが、医薬品だから効果が高いとか、日本の場合まったくウソです。)ティーツリーでも最高品質のものを含む

    せっけん、ボディシャンプー、歯磨き粉他、原液はマスクに少々付けて外出などしますので

    コロナの件は、あまり気にしていないんです。

    価格も、薬局のように いくつも問屋を通したりCM費用もないの

    で、むしろ安いです。


    そのぶん ドイツフライブルク研究所などで、マウスではなく 人間による経過観察の裏付けのとれた

    研究をしている、と そういうメーカーもあるんです.......ヾ(o´∀`o)ノ

    FC2blog テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

    【2020/08/05 19:58】 | ウイルス デトックス 健康 美肌
    【タグ】 ウイルス  デトックス  健康  美肌  アンチエイジング  完治  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |
    画像 319


    豊かになったら幸福になれる」と、20世紀の人類は、物質の豊かさを追求しました。そして今日、100年前とは比較にならぬほど、生活は恵まれています。
    だが、果たして人間は幸福になったのでしょうか。


    NHKスペシャル「世紀を越えて」で放映され反響を呼んだ、「20世紀・欲望は疾走した」と題する番組の内容を、要約して掲載します。
    ■第1章 大量生産システム
    20世紀を迎えてから、発明や発見が相次ぎます。
    1901年、無線電信に成功。後に、ラジオやテレビを生み出します。1903年には、ライト兄弟が初飛行に成功、人間の交通手段が空へと広がる幕開けでした。
    ヘンリー・フォードが1908年に発明した車、T型フォードは、1500万台の販売を記録した今世紀最初の大ヒット商品です。大ヒットの理由は、誰もが買うことができる値段の安さにありました。
    値段を安くするためにフォードが考え出したのが「流れ作業」です。自動車の部品をベルトコンベアーに乗せ、順番に単純作業を加えることにしたのです。徹底的な分業が可能になり、組み立てのスピードは500倍に、車の値段はおよそ半額になりました。
    生産を支えた労働者の多くは、当時、アメリカに大量に移り住んできた移民たちです。フォードの経営改革の2つ目は、この労働者を消費者に位置づけようというものでした。賃金をそれまでの倍の1日5ドルにあげたのです。当時としては破格の賃金でした。全国から1万人を超す大衆が職を求めてフォード社に押し寄せました。人々は「5ドルだ、5ドルだ」と叫んでいたと新聞は伝えています。
    当時の労働者は、次のように語っています。
    ・日給5ドルといえばたいしたお金でした。この仕事にありつけば借金を返すこともできるし、貯金さえできるのですから。そして何でも手に入れることができるようになりました。毎日、温かくておいしい食事をとりました。歯を治しました。そして車を買うこともできるようになりました。
    T型フォードの値段は、労働者の給料2ヵ月分。人々はこぞって自動車を買い求めました。流れ作業と高い賃金は他の産業にも波及し、豊かな生活はアメリカ中に広がりました。
    1927年、T型フォードの生産は1500万台を突破し、街では渋滞が起きるようになっていました。このころ加速する大量生産は、労働者に豊かさとは別のものをもたらしていました。単純労働による精神的苦痛です。
    フォード社では、毎日、100人近い従業員が工場をやめていきました。
    これは、ある従業員の妻が、ヘンリー・フォードあてに書き送った手紙です。
    ・親愛なるフォード様、首を覚悟でお手紙を差し上げます。主人は流れ作業の奴隷のようです。仕事中、お手洗いに行くこともできないのです。そして工場から帰宅しますと、ぐったりして食事をとることも子供を抱き上げることもできません。流れ作業は私たちの家庭を完全に壊してしまいそうなのです。

    喜劇王と言われるチャールズ・チャップリンは、フォード社を見学した光景をもとに、1936年、『モダン・タイムス』という映画を作りました。映画の中でチャップリンは、精神を病んでいく労働者の姿を演じています。

    ・機械によって新しいスピードが開発されましたが、かえって私たちはみんな機械の部品になって、自分の穴に閉じこもるようになってしまいました。生活を豊かにするはずの機械が、逆に私たちを貧困の中に放り出しています。私たちに必要なのは機械よりも人間なのです。(チャップリン)

    ■第2章 化学物質の氾濫
    1945年、第2次世界大戦が終わりました。アメリカは戦前をはるかに超える繁栄の時代を迎えることになります。まず、戦争のために開発された技術から、新しい商品が生まれました。
    ニューヨーク郊外に生まれた巨大な住宅団地。戦地で兵舎を建設した方法を利用して安い住宅を大量に生産しました。部品の規格化と徹底的な分業により1日に40軒もの家を建てることができました。
    そして冷凍食品。戦場で多く利用された冷凍食品が、便利で簡単な食事として食卓に欠かせないものになりました。
    戦争中、パラシュートを作る素材として使われたナイロン。戦後、その姿を劇的に変えました。ナイロンストッキングです。それまでの絹のストッキングに比べ破れにくく足が美しく見えるというナイロンの特徴は女性たちをひきつけました。ナイロンは石油と水を原料に作られる人工化学物質です。天然にある物質の代わりになるものを作り出そうという試みが、1930年ごろから、人工化学物質を次々に生み出しました。ナイロンは絹に代わる素材としてつくられたのです。
    大量消費が社会を変えたアメリカの1950年代、アメリカは世界でも群を抜いて、物質的豊かさの道をひた走っていました。娯楽産業の都市、ラスベガスや、巨大遊園地ディズニーランドが生まれたのも、このころです。
    1960年代以降、公害が社会問題になります。有害物質を排出する企業に対して抗議の声が上がり始めました。
    ベトナム戦争で使われた枯葉剤に含まれていたダイオキシン。人体に害を及ぼし、病気や異常出産を引き起こしました。今では、特定の化学物質だけでなく、身の回りにある様々な化学物質が人間の健康を脅かしています。神経の異常やアレルギーに似た症状を起こす化学物質過敏症です。
    どのような物質に異常反応を起こすのか。反応テストによると洗剤や接着剤、インク、食品添加物など、様々な製品に含まれる化学物質が原因になっていました。アメリカ人の10人に1人は、この症状に悩んでいるといわれています。
    私たち人類は、豊かさを求めて1600万種類もの化学物質を作り出しました。その化学物質が、私たちに困難な問題を投げかけています。そして今、大きな議論を呼んでいるのは内分泌攪乱物質、いわゆる環境ホルモンです。
    ・今や、この地球には汚染を免れている土地など存在しないし、環境ホルモンにさらされていない人間など、また皆無なのだ。それにしても、これほどまでの技術革新は、なぜ起こったのだろう。もちろん、そのおかげで、未曾有の豊かさ、健康、快適さが訪れた。ところが化学技術には、数十年たたないとハッキリ見えてこない闇の部分がひそんでいる。実際に何かが起こってしまってからでは手遅れなのだ。(T・コルボーン『奪われし未来』)
    ■第3章 繁栄の中の不安
    50年代の豊かさを作るシステムは、企業中心の社会を生み出し、男性の生き方にも大きな影響を与えました。
    戦後、大企業は軍隊で用いれられた方法を取り入れ、効率を最優先するピラミッド型の組織を作りました。サラリーマンたちの関心は、組織の階段を上ることに向けられるようになりました。
    同じような服を着て、同じように出世をめざすサラリーマン。管理と効率が最優先される会社の組織。アメリカでは、このころ企業社会が確立されました。
    豊かな生活の中で、女性たちにも新たな悩みが生まれていました。マイホームを夢見る若い夫婦たちは、次々に造られた郊外住宅に競って移り住みました。
    1963年、郊外住宅で暮らす主婦の不安をリポートした『女らしさの神話』は、300万部を売るベストセラーになりました。著者は、3人の子供を育てるB・フリーダンさん。自らの体験や大学時代の同級生への聞き取り調査をもとに書きました。
    ・郊外住宅の主婦、これは若いアメリカの女性が夢に見る姿であり、また、世界中の女性が羨んでいる姿だといわれている。しかし、郊外住宅の主婦たちは、密かに悩みと戦っていた。ベッドを片付け、買い物に出かけ、子供の世話をして、1日が終わって夫の傍らに身を横たえたとき、『これだけの生活?』と自分に問うのを怖がっていた。
    フリーダンさんは、豊かな生活の中で、多くの女性が不安を感じているという事実を初めて社会に投げかけたのです。自らの役割に悩み始めた主婦たちの間で、うつ病のような感情障害が広がっていました。主婦症候群と名づけられました。
    このころ大量に生産されるようになったのが、抗鬱剤です。女としての役割に悩む妻、会社で出世競争のプレッシャーを受ける夫。ともに当時開発された抗鬱剤に助けを求めました。
    50年代の社会が生み出したストレスが、人間の薬への依存を生み出し、その傾向は今も拡大し続けています。
    また、新薬が開発されたところで 基盤がなっていないように思えますから、新たな奇病の発生...と いたちごっこです。
         

    20世紀は、人類に、「金や物さえ豊かなら人間は必ず幸福になれる」という考えが、深い迷信であることを証明したといえます。


    "田畑や家が無ければ、それらを求めて苦しみ、有れば、管理や維持のためにまた苦しむ。その他のものにしても、みな同じで
    金、財産、名誉、地位、家族、これらが無ければないことを苦しみ、有ればあることで苦しんでいます。有る者は"金の鎖"、無い者は"鉄の鎖"につながれているといってもよいでしょう。材質が金であろうと鉄であろうと、苦しんでいることに変わりはありません。これを「有無同然」と言います。



    「21世紀は、こころの時代」と言われて久しく経ちます。20世紀の大きな失敗の原因は、物質で幸せになれるという誤解に起因するのだと、人々はうすうす気付いているのかも知れませんね。

    関連記事

    FC2blog テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

    【2020/06/15 21:53】 | 幸福 平和 自然
    【タグ】 デトックス幸福  美肌  人類  健康    平和  まとめ  
    トラックバック(0) |