デトックスで美肌へ~富、幸福への道しるべ*  ガン

    SEO対策

    デトックス、美肌、富、幸福*をテーマにメッセージしていきます。

    画像 251



    がんにならないための食生活について、初めて綿密な調査報告が示されたのは、1977年にアメリカで公表された「マクガバン・レポート」でした。マクガバン・レポートは、がん治療のための研究について7年の年月をかけて調査された結果をまとめたものです。このレポートは、病気の改善のためには「食事や栄養の改善」が必要であることを示したことが大きな特徴です。

     マクガバン・レポートでは、がんなどの病気は「間違った食生活が原因になって起きる食源病」であり、「食生活を改める」ことによって「病気を予防する」ことが重要であると主張しました。この「間違った食生活」とは、肉や乳製品、卵を中心とする高カロリー・高脂肪の食事のことです。また、「たんぱく質の摂取量が増えると、乳がん、子宮内膜がん、前立腺がん、結腸・直腸がん、すい臓がん、胃がんなどの発生率が高まる」ことも、補足レポートにおいて指摘されています。

     そして、ここで理想的な食事として評価されたのが「元禄時代の日本人の食事」でした。玄米を主食とし、旬の野菜や海草、小魚を食べるという食生活こそが人類の理想だということです。





    世界がん研究基金





     マクガバン・レポートから30年後の2007年に、世界がん研究基金と米国がん研究協会が、7000件以上の研究を根拠として「食べ物、栄養、運動とがん予防」の勧告をしました。そこで提示された食生活は、以下のとおりです。



    植物性食品

    ◦【推奨】毎日、400グラム以上の野菜や果物と、全粒穀物と豆を食べる

    ◦【理想】毎日、600グラム以上の野菜や果物と、精白されていない穀物と豆を食べる



    動物性食品

    ◦【推奨】週に肉は300グラム以下にし、加工肉を避ける

    ◦【理想】週に肉は300グラム以下にし、赤肉をやめ鶏肉や魚にする



    飲料

    ◦砂糖入り飲料やフルーツジュースを避ける

    ◦水や茶、無糖コーヒーを飲む



    アルコール

    ◦男性は一日二杯、女性は一日一杯まで



    保存・調理

    ◦【推奨】塩分摂取量を一日6グラム以下にするために、塩辛い食べ物を避ける。カビのある穀物や豆を避ける

    ◦【理想】塩分摂取量を一日4グラム以下にする



     この他、タバコとアルコールががんの原因であることも強調されています。またタバコとアルコールは相乗効果で発がん物質となる、とも指摘されています。















    食生活の考え方



    緑黄色野菜のすすめ





     現在は、がんの予防や治療に効果のある食事について、数多くの報告や出版物が存在しています。例えば、国立がんセンター疫学部長だった平山雄博士によって書かれた『緑黄色野菜のすすめ』などです。それらに共通する内容として、次のようにまとめられます。

    1.発がん性物質と判明しているものは避ける



    2.毎日30種類以上の食品を摂る



    3.旬の新鮮なものを食べる



    4.東洋医学で定義される「陽性食品」「陰性食品」をバランスよく摂る



    5.全粒穀(玄米、蕎麦、麦、粟、稗)、緑黄色野菜、魚介類、海藻類、豆、芋などを多く摂り、肉類、塩分、乳製品(ヨーグルトは除く)は少なめにする







     つまり、かつての日本の庶民の食事そのままが良いということです。





    旬の食べ物









     医師の立場から見て、毎日たくさんの野菜を摂っていても、思うように体力や免疫力が上がらない方もいます。このような現象は、野菜の質の劣化によるのではないかと疑われます。化学肥料や農薬を大量に使っている野菜は、見た目は良くてもビタミンやミネラルが十分に含まれていないことがあります。

     食生活に気をつけるのであれば、ただ野菜を摂ることばかり意識するのではなく、その質をも考える必要があります。言い換えれば、旬の食べ物を摂るということです。例えば、ハウス栽培で作られた野菜より、缶詰のホールトマトの方が良いかもしれません。地中海沿岸で真っ赤に熟れたトマトをそのまま缶詰にしているわけですから。











    食事の選び方



    「まごわやさしい」




     健康を守るための食生活として、医学博士の吉村裕之先生は「まごわやさしい」という言葉を提唱されています。







    ◦ま



    ◦豆類。大豆、金時豆、豆腐、納豆など。質の良いたんぱく質が摂れます。



    ◦ご



    ◦ご飯とゴマ。



    ◦わ



    ◦ワカメなどの海藻類。他には昆布、ひじき、海苔など。



    ◦や



    ◦豆類。大豆、金時豆、豆腐、納豆など。質の良いたんぱく質が摂れます。



    ◦さ



    ◦魚。特に秋刀魚、鰯など近海で獲れる小さい魚。



    ◦し



    ◦シイタケなどのキノコ類。



    ◦い



    ◦芋類。ジャガイモ、サトイモ、サツマイモなど。






     この「まごわやさしい」を実践することで、ビタミンやミネラル、食物繊維などの健康に必要不可欠な栄養を摂取することができます。正しい食生活によって、免疫力も向上します。こうした食生活は、「マクガバン・レポート」で推奨された伝統的な日本食そのものです。

    尚、これは 高原医学博士が 要点をまとめたものとなります









    で、補足としましては あくまでも基準論ですので

    たとえば身体を使うお仕事の方は、 塩分や水分補給が デスクワークの方より必要なのは

    言うまでもありません。慣れてくれば、

    今身体が 何を欲しているのか?判るようになるものです。

    食べたくなければ、内蔵が疲れているとか 原因がある訳ですから

    一食くらいぬいて、休ませた方が 身体に良いんです、よ...*

    関連記事

    FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2017/05/23 22:31】 | 美肌 デトックス 代謝 健康
    【タグ】 美肌  デトックス  健康  ガン  予防  食事  成功  幸福  まとめ    
    トラックバック(0) |

    No title
    ぷっちょ水無月
    こんにちは!
    ガンにならないために、間違った食生活を
    見直し、「まごわやさしい」を意識して
    健康でいたいと思います。
    ありがとうございました。

    コメントを閉じる▲
    自然な方法で放射能による悪影響から身体を保護したい人に

    ミシシッピのアレンダさんが新たな情報リンクを教えてくれたので、早速和訳しました。ご参考になれば嬉しいです。

    ******************************************************
    自然な方法で放射能による悪影響から身体を保護したい人に

    ここでは、
    ・医学的分析目的(蛍光透視法、マンモグラフ、その他の医学的X線検査)
    ・放射線治療
    ・その他何らかの過重・有害量の放射線に晒されている場合
    (例えば、原子力発電所の近隣に住んでいる、検査用放射線機器を扱う職種、核処理産業での就労、ウラン鉱山勤務、ウランまたはプルトニウム処理場で勤務など)

    ・劣化ウラン(DU)
    ・核兵器試験
    ・頻繁な高度飛行
    ・核災害(日本の原発事故のように)

    などの放射性粒子または高イオン化放射線被ばくを受けている場合に、自然な方法を使って、放射性物質(例:ストロンチウム、放射性ヨウ素)による身体への悪影響から自分を守り、フリーラジカルなどの有害な副産物のデトックスと、放射能による火傷の手当てについて紹介します。

    ●放射線治療を受けている場合:

    マクロビオティックをお奨めします。マクロビオティックは、放射線疾患とガンにとても効果的です。

    ●ガンと診断されて、放射線治療を全面的に避けたいと考えている場合:

    放射線治療はいかなる形であっても、ガンと診断された患者を死に至らしめる治療法です。
    放射能への暴露は、身体を完全に破壊するフリーラジカルを次つぎに引き起こす原因となります。 フリーラジカルは、DNA、たんぱく質、脂肪を破壊します。フリーラジカルによる損傷は、ガンを進行させる大要因であると医学的に証明されています。

    人はガンで死亡するのではなく、放射線毒によって死亡しています。「治療」と呼ばれる方法で繰り返される放射線被ばくは、身体の免疫能力を上回ります。ガン患者の髪が抜け落ちるのは、ガンが原因ではありません。根底的な責任は、放射線治療にあるのです。ガンで体重が減るのではなく、放射線治療によって食欲が減退するのです。ガン患者は、ガンによって虚弱化し、病気になりやすくなるのではなく、放射線治療によって身体が毒を受けて、そうなるのです。

    クシ・アベリンとクシ・ミチオ両氏による著書「マクロビオティック・ダイエット」で、ミチオ氏はこう記しています。
    「1945年の長崎原爆による攻撃の時、秋月辰一郎医師は、長崎の聖フランシス病院の内科医師でした。爆撃現場から約1.6km地点であるこの病院の入院患者のほとんどが、原爆による初期の影響を生き抜くことができましたが、その後すぐに、放出された放射性物質による放射性疾患の症状を見せ始めました。秋月医師は、病院スタッフと患者に、徹底的なマクロビオティックの食事指導を行いました。それは玄米、味噌とたまり醤油のスープ、わかめやその他の海藻類、北海道のかぼちゃ、海塩という内容で、砂糖と甘いものを禁止しました。その結果、病院の全員が無事でした。同市の市民の多くが、放射性疾患によって命を落としていきました。」

    ●海塩について:

    あらゆる放射線被ばくを生き抜く秘訣は、海塩にあります。
    あなたがもし、日本の原発事故による災害に直面しているか、X線を受けた(病院や空港の検査)、あるいはガンの放射線治療を受けた場合、海塩(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りのお風呂に入り、体内に入った放射性物質を出しましょう。

    ●重曹について:

    口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけない場合、重曹を水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。
    重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 
    アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。 

    ●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:


    では、もうひとつお知らせ。アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。


    放射能は非常に有毒です。放射能暴露は、たとえ微量であっても、有害です。X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と呼ばれる全ての治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。
    X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

    ●お風呂や飲料水に重曹を:

    放射性毒を体内から排出するためには、お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
    毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かります。


    または、西インド諸島か南太平洋諸島の海で3週間ほど泳ぐのも良いですよ!なぜ西インド諸島か南太平洋かというと、塩が高濃度だからです。
    あなたが受けた放射能から身体を癒す最高の場所は、死海です。
    死海の塩含有度は世界中のほとんどの海の4倍です。
    海塩は放射能を体内から引っ張り出してくれるのです。

    放射能降下物、X線、放射線治療で受けた被ばくのデトックスのために死海まで旅に出る予算が無い場合は、どうしたら良いのでしょう?

    質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、毎日コップ数杯を飲みます。
    これで、体内の放射性物質を除去するのに必要なミネラルと痕跡元素を補給できます。

    ●塩水が飲めないよ!などの場合:

    アミノ酸のシステインが、電離(イオン化)放射線によって生成されるフリーラジカルを撃退して、身体への放射性物質の悪影響を防ぎます。システイン、メチオニン、システィンと、その派生物は“硫化アミノ酸”の仲間です。これらのアミノ酸は、炭素、水素、窒素と酸素に加えて、硫黄を含んでいるため、上記の働きをします。
    ---------------------------------
     
    これは、私も正直 ほとんど知らず 子供の頃から実際X線治療も受けている訳ですから

    衝撃でした。何より自覚症状がないというのが怖いところですね~*

    さっそく試してみようと思います。





    関連記事

    FC2blog テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2017/03/02 22:30】 | がん 克服 再起 幸福 成功
    【タグ】 素肌美  デトックス  ガン  被曝  除去  健康  成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |
    抗がん作用抜群のブロッコリー。コレステロール値の低下にも

    ブロッコリーはβ-カロテンやビタミンB群ビタミンC、Eを多く含むほか、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラ

    ル、食物繊維も豊富と、とっても栄養的に優秀な食材で、とくに、ビタミンCの含有量は抜群!

    1回あたりの使用量比較ではナンバー1です。ビタミンCはコラーゲンの生成にはたらき免疫力を高め、風邪やがん

    の予防に効果があり、ビタミンEは過酸化脂質を分解して、活性酸素から細胞を守り、動脈硬化やがんの予防、老化

    防止に役立つ栄養成分。β-カロテンもブロッコリーには豊富で、必要に応じて体内でビタミンAに変わりますが、

    変わらないβ-カロテンは強力な抗酸化作用でがん予防に有効なんです。

    ビタミンB2も多く、脂質や糖質の代謝にはたらきます。ビタミンB2はほかに過酸化脂質の生成を防いで、動脈硬

    化や高血圧の予防にも有効。ブロッコリーには葉酸も多く含まれますので、妊娠中の方はたくさんとるよう、医師

    から指導される食品です。

    また、ブロッコリーには、血中コレステロール値を下げて善玉コレステロールを増やす葉緑素(クロロフィル)

    も含まれています。

    ほかに、紫外線の活性酸素から目を守るルティン、食道、肺、肝臓のがん予防が期待できるイソチオシアナート

    抗酸化作用を持つミネラルで老化防止やがん予防に効果があるセレン、高コレステロールや高血圧の改善に有効

    な食物繊維などが、ブロッコリーの主な栄養成分として挙げられます。

    ブロッコリーに含まれる豊富なビタミンCを効果的に摂取するには、たんぱく質やビタミンE、カルシウムと組み合

    わせるのが料理のコツです。ビタミンCはたんぱく質と組み合わせれば美肌や抗ストレスに、ビタミンEと組み合わ

    せればがん予防に、カルシウムと組み合わせればイライラの解消や骨の強化に有効です。


    ゆですぎないのが肝心ですよ*

    ブロッコリーは子房に分けて、ゆでて料理に使用しますが、ゆですぎるとビタミンCをはじめとする水溶性の栄養成

    分が大きく損失してしまいます。なべにたっぷりの湯を沸かして塩少々を加え、少し歯ごたえが残る程度にゆで上

    げるよう心がけましょう。ゆでたブロッコリーは水にとると味も香りも損なうので、必ずざるにとるようにしまし

    ょう*

    関連記事

    FC2blog テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

    【2013/03/17 22:54】 | 美肌 食事 健康 成功 幸福
    【タグ】 健康  ガン  動脈硬化  コレステロール  美容  美肌    成功  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |