すっかり秋めいてきましたね。五感と健康のこと、ちょっとお話します.....*

    2020/ 10/ 29
                     


    わたしたち人間は、もともと動物や植物と同じように、自然の恵みを受けて生きてきました。人間には、視覚(見る)・聴覚

    (聴く)・嗅覚(嗅ぐ)・味覚(味わう)・触覚(触れる)という五感がありますが、自然界の中で生きていくためには、この五感は欠かせ

    ないものです。環境の変化を五感で感じ、更にその情報を脳に伝え、生きるためのメカニズムを働かせます。しかし、人間は文明

    の進化とともに自然から離れ、人工的な環境の中だけで生活するようになりました。しかも頭ばかりを使った仕事が中心の現代で

    は、心や肌で感じとる五感の機能が鈍ってきています。

    20世紀に入るまでは、人々は日の出と共に目覚め、夜が来ると眠るという生活を続けていました。夜

    明けの太陽光を浴びることでセロトニンというホルモンが分泌され、脳の機能が活性化されることは最近の科学で解明されていま

    す。人間の生命リズムはホルモンの分泌をはじめ、本来であれば、あらゆる体の機能が昼と夜、太陽と月の循環といった自然のリ

    ズムに強い影響を受けているのです。


    五感を刺激すると脳の働きが活性化され、免疫力が高まり、ストレスにも強くなり、うつ予防にもつながるといわれています。五感

    がバランスよくあることは、健康な体を維持するためにもとても大切なのです。普段の生活の中で、意識的に五感を使うことも大事

    ですが、休日に趣味に没頭すること、ちょっとした時間のリフレッシュの過ごし方を工夫することなどで、普段使っていない感覚を使

    い脳に刺激を与えてみてはいかがでしょうか。いくつか紹介してみますので参考にしてください。

    視覚 ― ハイキング、散歩、美術館巡り、休憩時間に青い空や木々の緑、遠くの景色を眺める、など
    聴覚 ― コンサート・演奏会に出掛ける、好きな曲や心地よい音楽を聴いて過ごす、など

    嗅覚 ― お香、アロマセラピー、ハーブティーを飲む、花屋さんで花の香りをかぐ、など

    味覚 ― 旬の食材を食べる、など

    触覚 ― 人や動物とふれあう、草木や土に触る(生け花、農業体験)、自分の身体に触れる

    (マッサージ、ヨーガ)など

    趣味をもつことは、普段使っていない感覚を刺激するだけでなく、心のオンとオフの切り替えスイッチにもなります。日常から離れ、

    心から楽しめる時間を過ごすことで、疲れた体と心を軽やかにしてくれるでしょう。

    五感を刺激することで、我々が本来持っている生きる力を呼び起こ

    し、元気な体を保っていきましょう。


    上の動画は、とりあえず 現代病ともいえる 視力改善のものです.......*

    画像 248
                     
            

    旬のもので、デトックスしましょう~*

    2020/ 04/ 29
                     
    健康美女


    僕らは、現代文明のなか 様々なストレスや化学物質にさらされながら生きています。

    大気、食材、洗剤類等の日用品に至るまで、文明生活のお世話になる限り 

    哀しいかな...薬毒を免れる訳にはゆきません。

    自分の身体、心の健康は 自分で守らなければいけないことで、

    何より大きなカギを握るのは 腸が健康であることなんです。

    いつまでも若く、元気で美しく ありたいものですね...............................☆☆☆


    できるかぎり、のものでデトックス* 心がけたいですね*



    https://cookpad.com/search/%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
                     
            

    お風呂、温泉で美容、ヘルス*

    2020/ 04/ 14
                     
    画像 198

    何かと体調を崩し易い今時、ハーブの入浴剤も身体に優しいですが、


    おふろに 天照石を利用する方法もあるんです。

    「天照石」は大分県と宮崎県の県境の深山から発見された鉱石のことで、

    人工衛星からこの天照石を産出する日向だけが日本で唯一光ってみえるそうです。地元ではこの石を幻の石と呼び、その効用は昔より知られていたそうです。



    太陽光線の照射や自然の動的な力・エネルギーを吸収して電位を獲得して誕生したこの石は、4~14ミクロンの遠赤外線(育成光線)を放射する理想的な天然鉱石なのです。



    この遠赤外線(育成光線)が、細胞の活性化と免疫力を抜群に向上させると、丹羽先生は臨床結果を出しています。皮膚病の体質改善にも効果があり、天照石のもつ力が学会でも発表されています。
    九州大学医学部皮膚医学科による実験では、体内のダイオキシンが排出されることが判明し、国際医学会でも発表されました。


    遠赤外線を発するとされる数ある天然鉱石の中で、天照石が最も高い臨床効果をあげました。
    土佐清水病院ではガン、膠原病、リウマチ、アトピー性皮膚炎などの患者さんの治療に天照石の《サンド・バス》を使用しています。


    サンド・バスに入浴することで、細胞を活性化し、血流を亢進させ、ダイオキシン、塩素化合物などの毒素を体内から排出させます。

    土佐清水病院に入院した方はたいてい天照石を買って帰っていらっしゃいます。砂風呂状態のサンド・バスにはかないませんが、患部が楽になると評判です。


    天照石はこの他にも、土壌の活性化・生花植物の成長促進・マイナスイオン作用など様々な形で活かされています。無論 

    美肌デトックスにも関連性があることは いうまでもありません*
                     
            

    春の旬菜、いっぱいとって 美肌~デトックスしましょう!

    2020/ 03/ 09
                     



    体を整える旬菜のほろ苦パワーとは?


    雪解けの頃のふきのとうをはじめ、たけのこ、わらび、こごみ、山うど、タラの芽といった山菜から、菜の花、せり、花わさびまで。


    山菜を中心とする春の野菜には、アクが強かったりえぐみがあったりと、独特の苦味があります。これは他の季節の旬野菜にはない、春の植物だけの共通点。これらの苦味成分は「植物性アルカロイド」に由来するもので、植物が昆虫などの外敵から身を守るための自己防衛手段です。この苦味成分=植物性アルカロイドが、余分な老廃物を体の外に出し、腎臓のろ過機能を向上させて胃腸を刺激・活性化する働きをしてくれるのです。


    中医学(中国の伝統医学)や薬膳の世界では、春は一年の体調を左右する大切な季節。この時期は「肝」と呼ばれる臓器の働きが活発になるため、心身のバランスを崩しやすくなるといわれています。そんなときにこそ積極的に食べたいのが、「肝」の働きを助ける=解毒作用のある春野菜なのです。


    苦味を活かして“ほろ苦さ”に変える


    春の山菜・野菜料理のコツは、特有の苦味を爽やかな“ほろ苦さ”に変えること。例えば菜の花ならさっと手早くゆでることで苦味を和らげ、ビタミンの流出を防ぐことができます。ちなみに黄色の花が咲くとえぐみが増すので、つぼみのうちに食べてしまうのもポイント。


    ふきのとうも同じくさっとゆでて細かく刻み、味噌とあわせてふきのとう味噌にするとご飯のお供にぴったり。わらび、ぜんまい、たけのこ、こごみなどの山菜類も、アク抜きをすることでおいしく食べられるようになります。


    また、山菜には抗酸化作用のあるポリフェノール類もたくさん含まれています。ポリフェノールは活性酸素を除去し、老化の進行を遅らせるアンチエイジング効果を持つ女性の味方。紫外線が気になり始めるこれからの時期、若々しい体と美肌をキープしたい人は春の恵みをふんだんに食べて体の内側からキレイを目指しましょう!


     忙しく 時間が(ヾノ´°ω°)ナイ!という方は せめて良心的なスーパーの惣菜利用や、



    また旬とは言えませんが、デトックスという意味では おでんのこんにゃくとしらたきは強力です!ヾ(*´∀`*)ノ



                     
            

    お引越しと断捨離*自然災害に弱い土地にも関係するお話、特に賃貸の方はチャンス!、モノの断捨離、デトックスだけでなく、パワースポットに引っ越しちゃいましょう。、これ、根拠があるんです*

    2019/ 10/ 29
                     


    この動画は、いわゆる
    断:入ってくるいらない物を断つ。
    捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
    離:物への執着を断つ、という事にも関連しています



    さて本題ですが、パワースパットとは、

    イヤシロチ?ケガレチ?のこと
    が ひとつあげられるんです。





    どういう事かといいますと、

    土地には気分のいい場所、何となく気分のすぐれないところなど、

    いわゆる「良い土地と悪い土地」があるといわれています。



    よい土地のことを「イヤシロチ(弥盛地)」悪い土地を「ケガレチ(気枯地)」と呼びます。
    これは古神道に基づくカタカムナ古代科学と呼ばれるの重要な原理の一つです。

    これまでのいきさつ

    これが現代によみがえった一つのきっかけに、土地に良い土地、悪い土地があることに気がついたのは静電三法で有名な皐月博士(明治32年~昭和49年)の発見があります。楢崎博士はそのまれにみる才能でいろいろな発明をし、若くして産業界や軍部の一部にその開発能力を高く評価され重用されていました。たとえば20代で特殊絶縁油を発明し事業化に成功しています。電信柱の上にある変圧器に使われるものです。また、人造石油を発明し、軍がその技術を採用していました。さて、第二次世界大戦のさなか陸軍の命を受け満州に渡った楢崎皐月は実験のための溶鉱炉を使い、鉄を製造していたところ、場所により製品の質に著しい違いがあることに気がついたことが考察の始まりとなります。環境条件に微妙な違いがあったのです。

    当時、いくつかの異なる場所で小規模の溶鉱炉を使い、実験的に鉄を製造してしていたところ、材料も技術も全く同じ条件であるにもかかわらず、生産する場所によって鉄の出来上がりに著しい差があることを発見しました。ある場所の製品はいつも優秀であるが、ある場所のものはいつも不揃いで不良品が多く出るのです。いくら検討しても、資材も方法も変わらないので、なぜかと不思議に思っていたそうですが、ある日ふと、土地に原因があるのではないかと気が付きました。

    楢崎博士は土地にもし「良し悪し」があるのならそれは科学的に測定できるのではないか、もしかすると、電気的に測定できるのではないか。電気工学者でもあった楢崎博士は、統計的手法で、日本全国の土地1万2千カ所以上を任意に抽出して、実地調査をしました。調査した土地の平均面積は、1カ所あたり1アールでした。

    この結果は後で触れましょう。

    ヨモ(四方)のタカミを結ぶトコロは、イヤシロチにて、ミソギに良し(高所を結んだ地点に存在)

    ヨモのヒクミを結ぶトコロは、ケカレチにて、ミソギに不良(ふさ)はず (低所を結んだ地点に存在)

    この考え方は、大地の経絡である”竜脈”や”風水”にも密接に関係しています。中医学・鍼灸の「経絡(けいらく)」の考え方は、皮膚の下に気と呼ばれる一種の生命エネルギーとされる流れが、網状に走っているとしています。しかしいくら解剖を繰り返しても物理的にこのような存在は認められないのが現実です。中国をはじめ、日本でも家を建てるときには家相、地相、方位を重要視する。これも風水の名残といえます。最近では風水の考え方は一般にも広く浸透し、塩を盛ったり特定の色彩を各方角に配置したりしてよいエネルギーを呼び込もうとします。

    実は時を同じくしてイギリスではアルフレッド・アトキンス(1855~1935)は、太古の遺跡や聖地をつなぐクモ状の直線を発見しています。彼は、「古代の直線路」(Old Straight Track)という本を出版し、この直線を「レイ・ライン」と名づけています。 直線状にLEY、LAY、LEE、LEIGHなどの綴りで終わる地名が数多く見つかったのです。レイとは“牧草地や草原にするために用意された”土地とか、“未開墾の”,“耕されていない”という意味を持つのです。

    さて、楢崎博士は土地は次のような三つに分類できることを発見しました。

    1.優勢生育地帯: 大地表層は全て還元電圧を示し、大地電流は全て上から下へ流れ、流れる電流も多い
    2.劣性生育地帯: 大地表層はほとんど全てが酸化電圧を示し、大地電流は全て下から上へ流れる
    3.普通(標準)生育地帯: 大地表層に酸化電圧と還元電圧が混在し、電流方向も上から下の部分と、下から上の部分へと流れる部分が混在している。


    日本全国の土地一万二千カ所以上の土地の検査の結果、ケガレチ、すなわち劣性生育地帯は、約30%、標準生育地帯は約55%。イヤシロチ、すなわち優勢生育地帯は約15%と非常に少ないということが分かりました。そして、次のような大変興味ある結果を報告しています。

    •イヤシロチに住居する人には、いずれも健康的で病人がいなかった。ケガレチに住居する人たちは、病気がちであり、調査家族全員に病人がいた。

    •イヤシロチに位置する養鶏所は、産卵率高く、病気の鶏はいなかった。ケガレチに位置する養鶏所は、産卵率が悪く病気の鶏も多い。

    •イヤシロチに位置する牛舎、豚舎はいずれも飼料の腐敗がきわめて少なく、動物の健康も良好の状態だった。牛の場合は乳量が多く、豚は肥育が順調で早い。ケガレチに位置する牛舎、豚舎の場合は、牛の乳量は少なく、豚の肥育は不良、病気のものが多く健康度は不良であった。

    •神社の位置と建物を、18カ所調査したところ、いずれもイヤシロチに位置し、建物の損傷はなかった。寺院については27カ所調査し、そのうち優勢地帯(イヤシロチ)に位置するものが21カ所、普通地帯に位置するものが6カ所であった(6カ所のうち、5カ所の寺院は建物が改修されていた)。

    •新しく建てられた学校(9カ所)、工場(18カ所)の用地を調査したところ、いずれもケガレチであった。建物の傷みが早く、業績不良の傾向を示すものが多かった。楢崎博士たちは、これらは元は農地だったが、農作物の出来が悪く安い価格で提供されたものであろうと推定している。

    •ケガレチの部分の道路は、強固に舗装されていても、常に破損しやすい場所として、何回も補修工事が行われている。これは該当する15カ所を継続して観察した結果である。

    •交通事故の多発する「魔の踏切」とか「魔の場所」と言われているところは、例外なくケガレチである。該当する24カ所を継続して調べた結果、3ヶ月で総計72件の事故があり、甚だしく事故が多かった。

    •ケガレチに作られた工場は不良品が多く、従業員の病欠が他よりも多い。たとえば染色工場では、染色の色が冴えない、染めむらが多いなどの傾向があった。染色工場15カ所のほか、織物、煉瓦、陶磁器、食品などの工場でも同様であった。


    ここで、イヤシロチとケガレチが、どんな土地かまとめておきます。

    イヤシロチ

    植物生育の優勢地で人間の健康地でもあり、物質の耐久性を付与する地帯です。電気的には、還元電圧地帯です。


    ケガレチ

    植物生育の劣性地帯で、人間には不健康な土地で、ものが腐りやすく壊れやすい地帯です。



    上記は、過去学んだことの引用ではありますが、最近は そういった事柄を回避するために、
    多々のアイテム が出回っています。

    昨今の不動産、建設業界は そんな概念はなく流通しているわけですから、たまたまお引越しのタイミングの
    方はチャンスです。よく土地柄を調べてみてください。

    また そうでなくても、回避、よりパワーアップするための各種製品化されたものが出ています。
    ただ まだ僕は使った事がないので、それまでコメントはお待ちください*

    何れにしても、心 身体のデトックス*クリーンアップには

    古来の言い方ですがイヤシロチ

    衣、食、住の 住及び環境としたいところですね。



    そもそも口伝では、 この祠の先に建物を建てたらいけないよー。という地、311の時に、全滅した集落があるようで( ノД`)


    で、賃貸という身軽さもあり 引っ越しました。 ≡((  ´Д`)/≡=地震もイヤですし~*


    もう四年以上たちましたが、夜も 心静まり 住み心地もなかなか気分が良く、身をもって感じるものですよ.......☆.。.:*・

    また、賃貸は
    調べてみたら 10万円キャッシュバックとか⁉ すごいことやっていたり、
    空き部屋の目立つマンションもあったりするわけですが、
    そういう物件は、住人の方や管理人さん、もしくは近隣の方に 必ず聞き込み(笑)してみてくださいね*(^-^)/