人の幸福な生活って、どういうことでしょうか.......*

    2018/ 11/ 06
                     
    https://youtu.be/AnMcg14dTEE

    この ホピ族って、アメリカ先住民の一種族でもあり 数々の予言でも知られている種族です。
    精神的な 継続できる循環社会を歩んでいるようです。
    僕らのように 文明社会に生きる場合、90%以上物質的な生き方を歩まざるを得ず
    先のない 混沌とした世界へ歩んでしまっているのが 現状ではないでしょうか...*

    気づいた人らは、個人から~日用品他すべて 自然由来のものに変え、デトックス!
    身体も、基本の腸がきれいでなければ、何をとり、食べても 効果が弱い訳ですから
    まずは身体をデトックス*
    僕も心がけているところです。

    現実、下記のようなレポートも届きました。

    「自宅の掃除と喫煙は異なる行動だが、住宅用洗剤を定期的に使用することが、1日にたばこ1箱を吸うのと同程度の悪影響をもたらす可能性があることが分かった。

    先ごろ「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」に掲載された研究結果によると、ノルウェーのベルゲン大学とハウケラン大学病院研究者らが欧州共同体呼吸器健康調査(ECRHS)に参加した6235人の肺機能の長期的な変化について分析したところ、次のような結果が得られたという。

    研究者らは、加齢に伴う「1秒量(FEV1)」と「努力肺活量(FVC)」の減少を調べた。FEV1は(例えば誕生日ケーキの上のろうそく千本を一息で吹き消そうとするように)最大量を吸った後に1秒間で強制的に吐き出せる空気の量。FVCは、可能な限り吸った後に肺から吐き出すことができる空気の総量だ。
    だが、一方でこうした研究結果が示されるのは、今回が初めてではない。米国肺協会は、洗剤に含まれているアンモニアや漂白剤、その他の揮発性有機化合物(VOCs)が目や喉、肺に炎症を起こし、慢性呼吸疾患やアレルギー反応、頭痛の原因となるほか、発がんの危険性もあると警告している。

    残念ながら、住宅用洗剤に含まれる全ての化学物質のリストは必ずしも入手できるものではない。米国の法律では、洗剤メーカーにそうしたリストの作成が義務付けられていないためだ。ただ、環境保護庁(EPA)は「セイファー・チョイス(Safer Choice、より安全な選択)」プログラムを推進しており、その定める基準を満たす洗剤などのリストを提供している。

    ベーキングソーダ(重曹)や酢など、掃除に使えるより自然で安全なものもある。自分で洗剤に代わるものを作ることもできる(ユーチューブには作り方を紹介する動画も投稿されている)。

    有害な化学物質を含む可能性がある洗剤を使用している人は、掃除をするときには扇風機やエアサーキュレーターなどを使って空気を循環させたり、ドアや窓を開けておいたりするなど、部屋の換気に注意をしておく必要がある。

    調査によると、2つの測定値はいずれも、20~25歳が最も高く、その後は年齢とともに徐々に低下した。ただ、いずれも定期的に自宅を掃除していた女性の方がそうでなかった人に比べ、毎年FEV1が3.6mlずつ、FVC が4.3mlずつ早く減少していた。清掃員として働いていた女性の場合は減少のペースがさらに早く、清掃員ではなく自宅で定期的な掃除も行っていなかった女性に比べ、毎年FEV1が約3.9mlずつ、FVCが約7.1mlずつ早く減少していた。

    さらに、自宅を定期的に掃除していなかった女性で喘息の人の割合は9.6%だったが、定期的に掃除をしていた女性は12.3%、清掃員だった女性は13.7%が喘息と診断されていた。こうした肺機能の低下のペースは、毎日たばこを1箱吸う習慣があった人たちの加齢に伴う変化と、ほぼ同様だという。

    こうしたコホート研究は(住宅用洗剤の定期的な使用と肺機能の低下が迅速化の)関連性を示しているにすぎず、それらの洗剤を使った掃除が実際に肺機能をより早く低下させているのだと証明するものではない。また、研究では男性の間には同様の関連性が見られなかった。


    恐らく、定期的に自宅を清掃していると答えた男性の数が少なすぎたためと考えられている。因果関係のほか、洗剤に含まれるどの化学物質が肺に影響を及ぼしている可能性があるのかを明確にするためには、今後より多くの研究が必要だ。」

    僕は、水回り~洗剤類すべて 無害なものに変えました。
    文明社会に生きる限り、身体の内から外から環境からデトックス!心がけているんです.......( ´艸`)。
                     
            

    愛される人*のこと、、、雑記。

    2017/ 12/ 06
                     
    画像 349

    こんな記事がありました。女性むけですが、

    相手によく思われようとして、いろいろ作戦を練る人がいます。

    誕生日に手料理でもてなすとか、クリスマスに手編みのセーターを作るとか、バレンタインデーに特別なチョコレートをあげるとか。

    素敵ですよね。

    でも、どのあたりが素敵なんでしょう。手編みのセーター? チョコレート?

    そうではありませんね。彼を思う女性の気持ちが素敵なんですよね。

    「手料理でもてなしたら、料理上手な女と思ってもらえるかな。そうしたら玉の輿?」なんて思いながら彼の誕生日イベントの計画を立てていたら、あまり素敵ではない。

    自分がどう思われるか、ではなく、「とにかく彼に喜んでほしい」「彼を喜ばせたい」という気持ちが、彼の心に響くのです。

    「よく思われたい」というのは〈自分本位〉、「彼に喜んでほしい」というのは〈相手本位〉です。

    「何をしたら、よく思われるかな」ではなく「何をしたら、喜んでもらえるかな」と考える。


    表面的な行動は同じでも、あなたの心がどんな状態にあるかによって、彼の潜在意識に伝わるメッセージがまったく別ものになるのです。


    キレイな潜在意識で気持ちよくしてあげよう

    そのためにも、まずはあなたが素敵な女性になって、彼を喜ばせてあげることです。

    気持ちよくしてあげることです。

    そうすれば、結果的にあなたは彼に愛されます。

    潜在意識のキレイな女性なら、その行動のすべてが彼の心に食い込みます。

    キレイな潜在意識で、彼を気持ちよくしてあげましょう。

    単純にきこえるかもしれませんが、僕も 賛成です*

    それに 幾多の女性方を 見ていると、本物の愛を持った時、容姿にかかわらず 僕には 光って見えます*

    僕は、東洋医でも 西洋医でもありませんが、おそらく ホルモンバランスetcの再編が行われているんでは

    ないかと思われます。

                     
            

    そう、いってごらん........ぼくは旅に出よう。

    2016/ 08/ 20
                     
    IMG_1652.jpg


    君がみたことのない、それでいて 君の心の一部のような その国へ


     そしてぼくは 果物をかをう。


     その国が青空にいたるまで


    もういちど宿っているような果物を       


                                                     ある友へ。 



                                                                            某詩人作
                     
            

    壇蜜さん~男女のセックス感についてのコメントです..........*

    2015/ 09/ 02
                     
                     
            

    偽りの結婚生活?と 真実の愛って........どうでしょう?

    2015/ 04/ 08
                     
    https://youtu.be/76H1cgkfRto

    これ、昔ヒットした Age35っていうドラマのエンディングです。

    僕は、計らずも どうも上手くいかず、相手がいた訳ではないんですがその後別れてしまいましたヽ(*´∀`)ノ


    このドラマ、若い方々は 知らないと思うんで、一口に言えば

    要は ダンナの浮気が次第に本気に~かといい2人の父親、葛藤に苦しむドロドロの内容です。


    奥さんも次第に気づき始め、迷い~疑い、苦しみの渦中へ..............。


    そして発覚!仮面夫婦の様な生活の中、奥さんを学生時代から好きだった陶芸家の男性が登場する。


    そのあたりは まぁ ドラマですからね(笑)*


    で、結局 奥さんもその彼が 本当に好きなことに気づき、ダンナの気持ちが理解できる様になっていくんです。


    結末は ごらんの通り........です。 子供らは立派に育てあげた後のエンディング。


    それはともかく、個人的に思うんですが


    結婚ともなれば、お互いの尊重、価値観の確認とか......食の嗜好ete、色々確かめ合わないと上手くいかないと思います。


    僕は若すぎ、一時の熱情で突っ走ってしまい 上記の事柄が欠落していたんです。


    なにせ人生という旅を続ける、いちばんの相方なんですから~~~