デトックスで美肌へ~富、幸福への道しるべ*  素肌美

    SEO対策

    デトックス、美肌、富、幸福*をテーマにメッセージしていきます。


    画像 231

    FC2ノウハウ

     美しく 音のない世界で 華麗な舞を見せる............ 君よ.。

     脆弱が故に すぐ珊瑚にかくれてしまう、 まるで乙女のやをだ......................。

     君よ この美しい珊瑚がなくなったら どうするのかい。

     美しくも残酷な ぼくらのせいなんだ。

     ああ、そのときがきたら ぼくはよろこんで何でもしよう、命をさしだしたってかまわない.........。

     ぼくらが いけないのだから...........君よ。
    関連記事

    FC2blog テーマ:詩のようななにか - ジャンル:その他

    【2020/04/13 21:19】 | 詩 美 幸福 自然
    【タグ】  自然  サンゴ礁  サンゴ絶滅危惧  幸福  平和  成功  素肌美  デトックス  
    トラックバック(0) |
    20131112_140328000_iOS.jpg

     私事で恐縮なんですが、僕は いわゆる 勤め人の家庭に生まれませんでした。

    父は 小学生のときに兄二人とも戦闘機で戦死。天涯孤独となり、

    横須賀で海軍少年兵を従事しているときに終戦を迎えたようです。

    その後 小学校の代用教員をしながら、多々の実用書を執筆~出版。

    ついにはヒットし、上京~最終的には世田谷区の二子玉川の近くに300坪の土地を買い、社屋を建てました。


    自宅は 成城というところとの間の 多摩川近くの片田舎。

    川魚の好きな父は 1100坪の土地に日本家屋を建てました。トイレは6箇所ありました。


    思い出せば、一時はお手伝いさんが三人ほど、犬は番犬も兼ね六匹、ニャンコは三匹、

    鳥小屋が片隅にあり、子どもの頃は 毎朝 産みたての卵を食べていたように思います。


    写真は 古いので黄ばんでしまい、山がみえるように見えますが 山は見えません。

    三兄弟で僕は長男でしたが、 中学になるとそれぞれ違う私立で 通学も不便なことも親は考慮し売却、

    成城という地へいくつか父は買い分けました。

    そうこうしているうちに 僕は 小学校教師の過疎地、離島勤務志望で 単位を取得していたのですが、


    天の知らせなのでしょうか........「正樹、海外に行ってるなんていっちゃあダメだよ」 と父は言い、

    都合上 母と交代で 世界中 旅行する時期がありました。

    ~中略~

    父は54才で大病~末期が発覚。没後 母も難病を患い 数年後に亡くなりました。

    財があるにもかかわらず、見つけた母のメモは 「忠に会いたい...お父さんに会いたい。」.......と。

    僕は 慟哭しながら 見えない世界があるのなら 二人の幸福を願うしかありませんでした。


    さて、会社はといえば 殆ど無口な父がただ一人のブレイン、顧問の判断で 入社することにしました。

    ~中略~


    が、眼の前が真っ暗になりました。債務超過が S59年当時、四億を超えていたからです。

    とりあえず、就業~退職金規程まで 全員納得の行くものに改ざん、他 やるだけやりました!

    漢方系の製薬会社で 処方は多々あったもので

    返品が当たり前の 巨大な製薬業界は置いておき、理美容業界へ養毛剤、除毛剤ルートの開拓も試みました。

    これは 成功しました。そうこうしているうちに バブル期の予感をキャッチし、

    いっそのこと 販売会社のみに徹し、錠剤、ドリンク剤は製造権を譲る判断を下し、本社土地を売りに出してみました。


    まさに時流にのったのでしょう......財閥系の会社が 18億3千万の手を上げてきました。


    この際スピードしかありません!千駄ヶ谷に事務所を借り、調布に研究所ビル、下北沢に賃貸用ビルを建設。


    札幌に賃貸マンション二棟、旭川に商業ビルを買いました。



    が、それが........それが、独断だったため、株主連の感情に触れてしまったんです。

    半分以上の株主に もうけっこうなのでと...........(・3・/


    ウーもスーありません。


    もともと潔い方なので、その後の不安を残しながら 

    やれやれ、肩の荷も降りたか......という気もあったりして

    リフレッシュしてからいずれ保育園をやることになり、思えば光る想い出となりました.......☆



    小学校教師にはなれなかったけれど、好きなことを業としている時は幸せでした......^▽^/*




    光陰矢の如し!とも.......また人生にいらない荷物はデトックスされていく今日この頃です*


    今年は、東京の片田舎で 小中学生に係る仕事もしていますので その時は、無条件で嬉しくなるんです。

    縁?でもあるのかもしれませんね( ´艸`)。


    関連記事

    FC2blog テーマ:どうでもいいはなし - ジャンル:その他

    【2020/04/12 12:01】 | 幸福 平和 自然
    【タグ】 素肌美  デトックス  ビジネス  成功  苦難    幸福  健康  平和  まとめ  
    トラックバック(0) |



    体を整える旬菜のほろ苦パワーとは?


    雪解けの頃のふきのとうをはじめ、たけのこ、わらび、こごみ、山うど、タラの芽といった山菜から、菜の花、せり、花わさびまで。


    山菜を中心とする春の野菜には、アクが強かったりえぐみがあったりと、独特の苦味があります。これは他の季節の旬野菜にはない、春の植物だけの共通点。これらの苦味成分は「植物性アルカロイド」に由来するもので、植物が昆虫などの外敵から身を守るための自己防衛手段です。この苦味成分=植物性アルカロイドが、余分な老廃物を体の外に出し、腎臓のろ過機能を向上させて胃腸を刺激・活性化する働きをしてくれるのです。


    中医学(中国の伝統医学)や薬膳の世界では、春は一年の体調を左右する大切な季節。この時期は「肝」と呼ばれる臓器の働きが活発になるため、心身のバランスを崩しやすくなるといわれています。そんなときにこそ積極的に食べたいのが、「肝」の働きを助ける=解毒作用のある春野菜なのです。


    苦味を活かして“ほろ苦さ”に変える


    春の山菜・野菜料理のコツは、特有の苦味を爽やかな“ほろ苦さ”に変えること。例えば菜の花ならさっと手早くゆでることで苦味を和らげ、ビタミンの流出を防ぐことができます。ちなみに黄色の花が咲くとえぐみが増すので、つぼみのうちに食べてしまうのもポイント。


    ふきのとうも同じくさっとゆでて細かく刻み、味噌とあわせてふきのとう味噌にするとご飯のお供にぴったり。わらび、ぜんまい、たけのこ、こごみなどの山菜類も、アク抜きをすることでおいしく食べられるようになります。


    また、山菜には抗酸化作用のあるポリフェノール類もたくさん含まれています。ポリフェノールは活性酸素を除去し、老化の進行を遅らせるアンチエイジング効果を持つ女性の味方。紫外線が気になり始めるこれからの時期、若々しい体と美肌をキープしたい人は春の恵みをふんだんに食べて体の内側からキレイを目指しましょう!


     忙しく 時間が(ヾノ´°ω°)ナイ!という方は せめて良心的なスーパーの惣菜利用や、



    また旬とは言えませんが、デトックスという意味では おでんのこんにゃくとしらたきは強力です!ヾ(*´∀`*)ノ



    関連記事

    【2020/03/09 20:35】 | 美肌 健康 ダイエット 成功 幸福
    【タグ】 素肌美  デトックス  旬菜    健康  成功  ダイエット  幸福  まとめ  
    トラックバック(0) |