すっかり秋めいてきましたね。五感と健康のこと、ちょっとお話します.....*

    2020/ 10/ 29
                     


    わたしたち人間は、もともと動物や植物と同じように、自然の恵みを受けて生きてきました。人間には、視覚(見る)・聴覚

    (聴く)・嗅覚(嗅ぐ)・味覚(味わう)・触覚(触れる)という五感がありますが、自然界の中で生きていくためには、この五感は欠かせ

    ないものです。環境の変化を五感で感じ、更にその情報を脳に伝え、生きるためのメカニズムを働かせます。しかし、人間は文明

    の進化とともに自然から離れ、人工的な環境の中だけで生活するようになりました。しかも頭ばかりを使った仕事が中心の現代で

    は、心や肌で感じとる五感の機能が鈍ってきています。

    20世紀に入るまでは、人々は日の出と共に目覚め、夜が来ると眠るという生活を続けていました。夜

    明けの太陽光を浴びることでセロトニンというホルモンが分泌され、脳の機能が活性化されることは最近の科学で解明されていま

    す。人間の生命リズムはホルモンの分泌をはじめ、本来であれば、あらゆる体の機能が昼と夜、太陽と月の循環といった自然のリ

    ズムに強い影響を受けているのです。


    五感を刺激すると脳の働きが活性化され、免疫力が高まり、ストレスにも強くなり、うつ予防にもつながるといわれています。五感

    がバランスよくあることは、健康な体を維持するためにもとても大切なのです。普段の生活の中で、意識的に五感を使うことも大事

    ですが、休日に趣味に没頭すること、ちょっとした時間のリフレッシュの過ごし方を工夫することなどで、普段使っていない感覚を使

    い脳に刺激を与えてみてはいかがでしょうか。いくつか紹介してみますので参考にしてください。

    視覚 ― ハイキング、散歩、美術館巡り、休憩時間に青い空や木々の緑、遠くの景色を眺める、など
    聴覚 ― コンサート・演奏会に出掛ける、好きな曲や心地よい音楽を聴いて過ごす、など

    嗅覚 ― お香、アロマセラピー、ハーブティーを飲む、花屋さんで花の香りをかぐ、など

    味覚 ― 旬の食材を食べる、など

    触覚 ― 人や動物とふれあう、草木や土に触る(生け花、農業体験)、自分の身体に触れる

    (マッサージ、ヨーガ)など

    趣味をもつことは、普段使っていない感覚を刺激するだけでなく、心のオンとオフの切り替えスイッチにもなります。日常から離れ、

    心から楽しめる時間を過ごすことで、疲れた体と心を軽やかにしてくれるでしょう。

    五感を刺激することで、我々が本来持っている生きる力を呼び起こ

    し、元気な体を保っていきましょう。


    上の動画は、とりあえず 現代病ともいえる 視力改善のものです.......*

    画像 248
                     
            

    再) 盲目の美女* との出会い、、、。

    2020/ 10/ 05
                     
    画像 342 (2)


    夕暮れの渋谷。

    Apple他 用を済ませ、久々なので 変わり果てた街の様子をみていたら 陽も落ちてきたので駅へ向かうと裏道の暗がり、

    せかせかと歩いて行く おねえさん方やビジネスマン、若者たち。

    日暮れということもあり、ごった返していました。


    この世には見えないエネルギーが飛び交っていますから、そこの裏通りの雰囲気はあまり良くなく、

    皆の吐き出されたストレスがよどんでいるような感じでした。


    いまどき、磁気や電気、電磁波など、見えなくっても 存在を疑う人はいないでしょう



    ことによると、過度の電気、電磁波なども 生体に悪影響を与えているのでしょう...........たぶん。




    僕はふと光を感じ、遠くを見やると 盲目のつえをついた 30代くらいの女性が、ワンピースを身にまとい

    満心の笑みを浮かべながら 杖を頼りに 駅の方へ向かっていくのが 目にとまりました




    けっして 美人とはいえないかもしれない。何があったのかもわかりません。

    ただ、オーラーといったらいいのか その輝き、身体が不自由にもかかわらず 

    ぼくは 美、光を見たんです。クリーンなエネルギーを発していると言ったらよいのか?


    デトックス、浄化されたような美を、、、。

    本当の美しさが、雰囲気*内面から湧き上がってくるようで、

    驚いてしまいました。


    思わず 声を かけようとも思いましたが、誤解を恐れ 余韻を感じながら 帰宅を急ぐことにしました。

    画は イメージです*
                     
            

    春ですね* 体調を崩しやすいですから、旬の食材をとりいれて、元気にいきましょう*

    2018/ 03/ 22
                     
    IMG_0662[1]



    せり

    競り合うように密生するためにこの名がついたといわれています。春の七草で筆頭に挙げられます。

    ミズナ(水菜)

    昔、京都東寺の九条あたりで、肥料をつかわずに水と土で栽培されていたことが、名の由来です。

    わらび

    わらび(蕨)は、古くから食用されている春の山菜です。

    文旦

    文旦は、インド原産の柑橘類です。 甘み・酸味・独特の苦みがほどよくあり、爽快な風味。


    アマダイ

    アマダイは体色により赤、白、黄アマダイの3種類に分類されますが、一般にアマダイと呼ばれます。

    さわら(鰆)

    体が細長く腹が狭く見えることから「狭腹(さはら)」と名付けられ、春に一番脂がのっているんです。

    のり(アマノリ)

    現在のような干しのりが普及したのは江戸時代です。種類は約30種あります。

    ワカサギ

    ワカサギは1年で成魚になります。春に川を上って産卵し一生を終えます。

    ワカメ

    現在では養殖物が主流となっています。芽かぶはわかめの根元の部分です。旬は、2~6月位までです。

    肉類は、特に旬ということはありませんが、古来より日本人が食していたと思われる鶏、豚を中心に

    できれば自然な状態で育てられたものが 望ましいですよね*

    外食ばかりでは、どうしても見えない部分、あるじゃあないですか*

    余談ですが、韓国の チェ、ジゥさんは 自宅では、五穀米が主食だそうですよ。

    春ですね、、、



                     
            

    もうすぐ バレンタインデーですね~*

    2018/ 02/ 05
                     
    画像 349




    ただ、 相手によく思われようとして、いろいろ作戦を練る人がいます。

    誕生日に手料理でもてなすとか、クリスマスに手編みのセーターを作るとか、バレンタインデーに特別なチョコレートをあげるとか。

    素敵ですよね。

    でも、どのあたりが素敵なんでしょう。手編みのセーター? チョコレート?

    そうではありませんね。彼を思う女性の気持ちが素敵なんですよね。

    「手料理でもてなしたら、料理上手な女と思ってもらえるかな。そうしたら玉の輿?」なんて思いながら彼の誕生日イベントの計画を立てていたら、あまり素敵ではない。

    自分がどう思われるか、ではなく、「とにかく彼に喜んでほしい」「彼を喜ばせたい」という気持ちが、彼の心に響くのです。

    「よく思われたい」というのは〈自分本位〉、「彼に喜んでほしい」というのは〈相手本位〉です。

    「何をしたら、よく思われるかな」ではなく「何をしたら、喜んでもらえるかな」と考える。

    表面的な行動は同じでも、あなたの心がどんな状態にあるかによって、彼の潜在意識に伝わるメッセージがまったく別ものになるのです。


    キレイな潜在意識で気持ちよくしてあげよう

    そのためにも、まずはあなたが素敵な女性になって、彼を喜ばせてあげることです。

    気持ちよくしてあげることです。

    そうすれば、結果的にあなたは彼に愛されます。

    潜在意識のキレイな女性なら、その行動のすべてが彼の心に食い込みます。

    キレイな潜在意識で、彼を気持ちよくしてあげましょう。

    単純にきこえるかもしれませんが、僕も 賛成です*

    それに 幾多の女性方を 見ていると、本物の愛を持った時、容姿にかかわらず 僕には 光って見えます*

    僕は、東洋医でも 西洋医でもありませんが、 ホルモンバランスetcの再編成が行われているんでは

    ないかと思われます。
                     
            

    基礎代謝を上げ、デトックス効果を高めましょう~♫

    2018/ 01/ 24
                     
    IN YOUからの引用ですが、これ

    基礎代謝からデトックス~* 人工物まみれになりがちな現代人には 必読です...(・∀・)

    最古の医学といわれるアーユルヴェーダに由来する「白湯

    現代医学を代表する西洋医学、そしてマクロビオティックや漢方、薬膳などを代表する東洋医学。 
    それらの起源と言われているのがインド発祥のアーユルヴェーダです。 

    現代のような最先端の技術のない中、現代医学の「数値」には現れない私たち人間の神秘をひも解いた医学ともいえるのかもしれません。 

    そのアーユルヴェーダから産まれ「バランスのとれた魔法の飲みもの」と呼ばれているのが白湯。画像 198



    ただのぬるま湯」でしょ、と思っていた私でしたが・・・、今は毎日欠かさず飲むほどに。
    白湯は消化に一番負担がかからない優しい飲み物といわれ、ぐずる赤ちゃんに飲ませたり、病気の時に飲んだり、日本でも「おばあちゃんの知恵」として親しまれてきました。 

    「体温を上げる」だけにとどまらない白湯のその魅力を見ていきましょう。 

    飲まなきゃ損!デトックス、ダイエット効果、免疫力UP・・
    ただのお湯じゃない、白湯の力。
    12vvvvv
    白湯には、内臓を温めることによる代謝、デトックス作用、血液循環のアップ、また冷え性、便秘、むくみの解消、ダイエットなど様々な嬉しい効果がついてきます。 

    代謝アップ=免疫力アップ:病気にならない&負けない体作り
    白湯を飲むと内臓が温まり内蔵の機能が高まるため、血液の流れを促します。 
    血液の流れが良くなることにより代謝も上がり、必然的に低体温を改善できガンをはじめとする病気の予防につながります。 

    デトックス効果:体内の浄化に優れた力を発揮
    白湯は普通の水やお茶より身体に受け入れられやすく、内臓に負担がかからない優しい飲み物。 
    普段飲んでいる飲み物を白湯に変えていくことで、内臓が本来持っている力を目覚めさせてくれます。 

    白湯で内臓が温まると胃腸の働きも活性化され、食べ物の消化や分解が促され老廃物の排泄もスムーズに。 
    便秘の改善や宿便の排出にも期待できます。 

    ダイエット効果:内臓脂肪にも効果的 
    白湯で内臓の働きが良くなると代謝が上がり、脂肪燃焼がされやせやすい痩せやすい体へ。 
    内蔵の温度が1度アップで、基礎代謝が10%以上もあがるそう。 

    基礎代謝が高まれば、寝ている時間のカロリー消費も高まるので、つらい食事制限や、ハードな筋トレをしなくても、日常の生活でリバウンドしにくい理想の体に近づけます。 

    また体の中からのアプローチで、見た目のスリムさだけでなく、内臓脂肪などの隠れ肥満の解消も期待できます。 

    利尿作用アップで浮腫みを改善:体重変化がなくても、見た目がスッキリ
    白湯によるデトックス効果で体内の余分な水分も一緒に排泄できます。 
    私の場合は朝顔が浮腫んでいたり、夕方足がパンパンでつらい等の症状が少しずつ改善されました。 

    その他の効果
    白湯で血行が促され、代謝が良くなることにより冷え性や夏の冷え、肌トラブルの改善や美肌効果、血液サラサラ効果、そして成人病の予防まで付いてきます。 

    温かいお茶じゃダメなの? 

    甘味料たっぷり、添加物たっぷりの冷たい飲み物より温かいお茶の方が勿論良いです。 
    しかし白湯はお茶よりもさらに体に優しく、内臓に負担をかけないといわれています。 

    またあえて味のない白湯を飲むことによるメリットも。 
    人工甘味料や、食品添加物などの刺激でマヒしてしまっている私たちの味覚。 

    白湯を飲み続けることにより、その味覚が研ぎ澄まされ食事の好みも変わっていきます。 
    素材そのもののもつ味を美味しいと思え、人工的な味に違和感を感じるようになり、自然に体に良い物を選べるようになります。 

    また味のないはずの白湯ですが、飲み続けていくと今日のあなたの体調によってその「味」の変化を感じるようになります(ライター経験より)。 

    前日食事の時間が遅く、内臓が疲れていたり、胃腸が弱っていると朝飲む白湯が苦く感じたり、白湯を飲み続けて体調が整ってくるとほんのり甘く感じたり・・・。 

    毎朝、一杯の白湯の「味」を感じることで、あなた自身があなた専属のセルフドクターになれるのです。 

    「胃の調子が悪いのかな?!今日の食事は消化の良いものにして内臓を休ませてあげよう」。 
    「疲れがたまっていたのかな?今日は残業しないで早めに仕事を切り上げよう」。 
    「体調が良いみたいだから、仕事後リフレッシュしにショッピングに行こう」。 

    体だけではなく、心のメンテナンスまでしっかりケアできるセルフドクターへ昇格できるかも。 
    もちろん、様々な効能のあるお茶もお薦めですが、朝の生まれ変わりのための1杯は白湯が一番お薦めです。 

    美味しい白湯の作り方 

    ただお湯を沸かすだけじゃないの? 
    私もそう思っていました。 

    そして、「ただお湯を沸かしただけ」の白湯を飲んでいた時期もありました。 

    でも、ちゃんと作ってちゃんと飲むと、さらにそのおいしさを感じ、生活になくてはならないものになる=習慣化され効果も出やすくなるのです。 

    よく「電子レンジでXX秒~」という作り方も紹介されていますが、私はお勧めしません。 
    たとえ朝忙しくても、顔を洗いながら、歯を磨きながら・・・ちょっとの時間で作れます。 

    アーユルヴェーダ式本格派!
    お薦め、簡単おいしい白湯の作り方
    アーユルヴェーダでは1杯の白湯に自然の力を宿らせるという考え方があります。 
    その自然の力とは「水」「火」そして「風」。 

    自然の一部である私たちの本来の力を引き出すために、この自然の力を頂く。 
    ただのぬるま湯ではないのです。 
    私が毎日作っている白湯の作り方をご紹介しますね。 

    1やかんや鍋に水を入れ蓋をし、強火にかける。

    2沸騰したら、火は止めずにやかんや鍋のフタを取り、換気扇をまわす(風)。 

    3泡が沸々して来たら火を弱め、5~10分間沸かし続ける(水道水を使用する場合は~15分)。 

    4火を消して、飲みやすい温度(50℃前後)まで冷まして完成 。

    5少しずつ時間をかけて頂く。


    さらに体に良い白湯を作るためのポイント 

    1 水「安全なミネラルウォーターを使用しましょう」
    出来れば塩素や防腐剤が含まれていないミネラルウォーターを使用しましょう。 
    水道水を使う場合は塩素に注意。

    水道水に含まれる塩素は漂白剤のキッチンハイターと同じ成分で大腸菌などの殺菌のために使用されています。 
    水道水を沸騰させることにより残留塩素は分解されますが、中途半端な沸騰だと塩素が水中の有機物と反応しトリハロメタン(発がん性が危惧されている)が発生します。 

    塩素よりも危険度が指摘されているこのトリハロメタンは沸騰直後に最も多く発生。 
    塩素だけでなくトリハロメタンのことも考慮すると沸騰後さらに10~15分沸かし続けた方が無難。 
    水道水中の残留塩素は日光の紫外線を半日〜1日当てることでも除去できます。  

    2 火 「電気の力で沸かしたお湯ではなく火を使って沸かしたお湯を。」
    出来れば電気ポットや電子レンジではなく火を使って沸かすのがお勧め。 
    火の持つ力強いエネルギーを白湯に取り入れてください。 

    また白湯が冷めきってしまうと効果が半減。 
    温かいうちにカップ1杯分をまず朝1杯(50℃位)。 

    残りは保温性のあるタンブラーにいれて、持ち歩きましょう。 

    今日からはじめる「素敵な白湯ライフ」:最も効果的なタイミングっていつ?
    lemon222
    白湯を飲む一番のポイントは内臓を温めて代謝を上げ体温を上げること。 
    なので基本的にはいつ飲んでも良いのですが、ここではさらに効果的な飲むタイミングをお伝えします。 

    ~朝起きて、まず1杯~
    ブレックファースト=「BREAK(壊す)」+「FAST(断食)」からも分かるように 夜に眠っている間はファースティング状態。 
    ファースティング後の朝一番に飲む白湯の心地よさを、あなたにも実感してもらいたい。

    眠っている間に汗をかいて失った水分の補給を、体温に近い白湯で摂ることにより内臓に負担をかけずにスムーズに体内へ取り入れられます。 
    朝起きてからまず白湯、そして30分後以降に朝食を摂ると、食事の消化や吸収作用のアップが期待できますよ。 

    ~夜寝る前にその1杯~
    朝の慌ただしい時間帯よりも、ゆっくり白湯を飲めるのではないでしょうか? 
    ゆっくり白湯を飲むことにより、副交感神経が優位になりリラックスできるので、質の良い眠りが得られます。 

    ~飲みたい時にいつでも:タンブラーから~
    あなたが「飲みたい」と思う時が、効果的なタイミングです。 
    ただ、食事の直前や食事中にがぶがぶ水分をとると胃液が薄まり消化機能が落ちる原因に。 
    私の場合は空腹時に飲むようにしています。 

    ~入浴前や入浴後に~ 
    発汗作用が高まりデトックス効果もアップ。 
    ゆっくり湯船に浸かる時はお風呂場にタンブラーを持ち込んでも良いでしょう。 

    その他ポイント
    温度: 
    人肌より少し熱い50度位が内臓を温めるのに最適な温度です。 

    少しずつ: 
    一気にがぶがぶ飲まないで、ゆっくり少しずつ飲むのが体温アップのポイント。 

    期間: 
    まずは1週間。   
    1週間程続け、体内のデトックスが促されると白湯に甘みを感じるようになるはず。 
    まずは1週間続けてみて。 


    現代社会にはこびる不自然なものに負けない体づくりを。
    あなた自身に備わった自然治癒力を高める方法を見つけましょう。
    食品添加物、人工甘味料、残留農薬、ポストハーベスト、遺伝子組み換え作物・・・、
    私たちの生活を便利に、効率よく、そしてメーカーがてっとりばやく利潤を出すために生み出された摩訶不思議な物質たち。 

    長い目で見た時に、体や心にどんな影響を与えるかが未知な物質に囲まれて、私たちは生活しています。 
    でも私はそんな中でも、まだ西洋医学では解明されていない私たち自身に秘められた力を信じたい。 
    ただのぬるま湯が「魔法の飲みもの」に変わる瞬間。 

    「生きる」という限られた時間の中で、あなたがいる世界が、見る景色が、よりよいものであって欲しい。  
    あなたが、毎日さらに元気に、さらに笑顔で、さらに充実して過ごせたら、それだけで私は嬉しんです。  

    せっかく生まれてきたのに、楽しく笑って元気に生きなきゃ損! 
    今のあなたに出来るその1歩を、踏み出してください。 

    さらに~、市販には出回らない 最も高品質で安価なサプリ 日用品があることも知ってしまいました!

    興味のある方は コメントくださいね~( ´艸`)