美しきもの、、、野に咲く花によせて、、、*

    2016/ 03/ 12
                     
    画像 204 (2)


      天からまいおり ひっそりたたずむ君に 心うばわれ 物想う。

     いのちに重さというものがあるのなら 君とぼく どちらが重いのだろうか、と。

     ぼくは いのちのかがやきを放っているだろうか、と。


     

     野に咲く花は美しい、。だれにみられることがなくっても 

    寒い時季はしつ``かに沈黙を守り 

     水がぬるみ ひかる頃、いっせいに あちらこちらで生を謳歌しはじめる。

     何のむだもなく、ただただ ありのままに咲いている。



     
     耳をすませてごらん、あの岩かげからも あの小さな唄がきこえてくるよ、。

     ほら、あちらから こちらからもきこえてくるよ。



     
     なにもいわず、何のむだもなく、ただありのままに咲いている、。

     できるものなら 大地を いっぱいいっぱいうめつくしてください、、花よ* 
                     

    コメント